アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール

2019年11月15日公開,115分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリの半生を、本人が執筆した自伝的小説を基に映画化。12歳の時、学校の授業中の事故が元で失明したアモスは、叔父に連れられ、音楽学校を訪れる。その美声が評価され、コンテストで見事に優勝するが……。出演は『ゲーム・オブ・スローンズ』のトビー・セバスチャン、「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラス。監督は「トレヴィの泉で二度目の恋を」のマイケル・ラドフォード。なお、主人公の歌唱シーンはすべてボチェッリ本人が吹き替えている。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリア・トスカーナ地方の小さな村。眼球に血液異常を持って生まれたアモスは、幼い頃から弱視に悩まされながらも、明るく毎日を過ごしていた。ところが12歳の時、学校の授業でサッカーボールが頭に当たり、持病が悪化、失明してしまう。不自由な暮らしに鬱憤を抑えきれず、両親を困らせるアモス。その様子を見かねた叔父が、歌の上手な彼を音楽学校へ連れていく。その美しい歌声が評価されたアモスは、コンテストで見事に優勝。しかし喜びも束の間、すぐに声変わりが始まり、持ち前の美声が出なくなってしまう。これを機に、歌手を諦め、親友と猛勉強に励み、弁護士を目指すことに。ところが、数々の有名オペラ歌手を育てたスペイン人の歌唱指導者、マエストロ(アントニオ・バンデラス)との出会いがアモスの人生を一変させる……。

作品データ

原題
La musica del silenzio
映倫区分
PG12
製作年
2017年
製作国
イタリア
配給
プレシディオ=彩プロ
上映時間
115分

[c]2017 Picomedia SRL. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    hunnwarigohann

    5.0
    2019/12/7

    『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』#素晴らしいですね。視界から光が消えていく少年時代を得て、音だけの人生が始まる中、歌を歌うことだけを職業としていくその逞しさは、感動しか感じられないほど、とても素晴らしい作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2019/11/20

    世界最高峰のテノール歌手アンドレア・ボチェッリの半生。
    男性歌手には、変声期って賞味期限が有るんだよね‥酷だねぇ。
    でも、音感とか、才能とかには影響ないんでしょ?そんな単純じゃないのかもしれないけれど。
    やっぱり天使の歌声が失われるのは辛いのか‥

    本人の自叙伝だからか、家族も環境も窮地の度に出会う人皆良い人で、美しい物語に仕上がっている。
    勿論、鬱屈した時代は有ったけど。
    どこにでも居る、文句をつける事が面白いとか、格好良いとか勘違いしている馬鹿は出て来るけど、歌声でねじ伏せた。格好良いぞ。

    ぼんやりと見えている世界を観客も体感するけれど、視力を失った時の衝撃は秀逸。
    彼が語った真っ暗じゃなくて、箪笥もベッドも見えるし、ママが居ると知っているからママも見える。って台詞が衝撃だった。
    それもきっと、今まで見てきたぼんやりとした姿なんだろうけど、生まれつきの全盲とは、決定的に違うんだろうな‥

    愛されて、可愛がられて、幼い頃の夢を貫いた。
    奏者だって十分凄いと思うんだけどね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告