15ミニッツ・ウォー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

15ミニッツ・ウォー

2019年10月11日公開,98分
PG12
  • 上映館を探す

1976年に東アフリカのジブチで発生したバスジャック事件の顛末を映画化。世界最高峰と謳われる、フランスの対テロ特殊部隊GIGN(国家憲兵隊治安介入部隊)創設前夜に決行され、“奇跡の人質救出”と称された伝説的作戦の一部始終を、21人の人質と5人のスナイパーの人間模様と共に映し出す。『007 慰めの報酬』『オブリビオン』のオルガ・キュリレンコが人質となる教師を演じるほか、フランスを代表する俳優陣が競演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フランス最後の植民地であるジブチで、軍関係者の子供たちを乗せたスクールバスが独立派武装組織に乗っ取られる。フランス政府は極秘裏に凄腕のスナイパーを集め、特殊制圧チームを編成。彼らは一斉射撃によるテロリストの同時排除という前代未聞の作戦を立てるが、現地駐留軍や外交筋との連携に支障が発生し膠着状態が続く。一方、生徒の身を案じた女性教師ジェーンは、軍関係者の静止を振り切りバスに乗り込んでしまう。

作品データ

原題
L'intervention
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
フランス=ベルギー
配給
クロックワークス
上映時間
98分

[c]2019 EMPREINTE CINEMA - SND-GROUPE M6 - VERSUS PRODUCTION - C8 FILMS [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2019/10/27

    動く標的に一斉にスナイピング。精鋭部隊というか実際GIGNとしてそうなのだが、映画でははみ出し者の雰囲気。規律に囚われず、結果的にそうでなければ助かることなどなかっただろう。 入植者は現地の自由を奪って最終的にどうするのだろう。もうナポレオンの時代ではない。しかしフランスの上層部の頑なな姿勢は人命の命を到底危うくしている。テロ側もフランス側も人質の心情なんて無視。子供が主だっていうのに。 1ミリだって失敗は許されない。急所に一発命中でなければ子供がやられてしまう。彼らのバッグヤードがどんなかは描かれていないが技量はオリンピック選手以上では。ハイジャック中の緊迫感とその後の安堵感の落差が絶妙。 しかし狙撃からの撃ち合いは誤算では。子供はいるわ、逃げ場ないわ。よくぞご無事で。先生も一端に撃ってるし。あれだけの撃ち合いだから当然犠牲者が出てしまうし、それが1人であっても尊い命が失われてしまった。しかしあの状況で1人は奇跡だ。 結局彼らがこの顛末を片をつけた。しかし国で処理したって発表したんではなかろうか。この5人、カッコよすぎ、ヒュ~!!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2019/10/22

     1976年に発生した当時フランスの植民地だったジブチで起きたバスジャック事件を基に、フランス政府が極秘で結成した特殊介入チームの活躍を描いた映画です。  上映開始後、すぐにハイジャックは起きるため、ダレ場はなく、緊張の1時間38分と思いきや、結構、なんだかんだとちまちました展開が続いて、緊張感はそれほどでもなく、逆に、特殊チームと現地駐留軍、そして事態を隠便に収束させようと働く外交筋との連携がうまくいかないことで、事態が悪化していくためイライラのストレスが溜まりました。  しかし、ラスト15分の救出作戦決行と同時に、全く別の映画じゃないかと思うばかりに、もの凄い銃撃戦と誰も死なないでと願う緊張感で、きっと15分間息を止めていたと思います。  この手の銃撃戦は慣れているはずなのに、ラストまでのダラダラした展開の間に、いつの間にか特殊チームに感情移入しているため、本当に心から「誰も死なないでほしい」と願ってしまうのです。  結果、救出劇が成功したかどうかは、劇場に足を運んで自分で判断してもらえれば・・・と思いますが、実話が基なので、「両手を挙げて・・・」とはいかなかったかな。  とにかく、ラストたった15分でこの映画の印象が大きく変わることは間違いありません!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/10/17

    実話をベースに脚色したフィクション。 バスに乗り込む学校の先生がかっこいい!(特にウィンクが) 凄まじい狙撃の腕前を持つ連中が、さらにかっこいい。 ファッションは、ちとダサ目の70年代ですがw 狙撃用、自動小銃、ハンドガンを使い分けた戦闘シーンが大迫力。 耐えに耐えたストレスが発散される、ラストが快感でした。 KGBとCIAが絡むシーンがわざとらしく、冷戦を強調しすぎかなとは思いましたが。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ノリック007

    5.0
    2019/10/13

    タイトルの「15ミニッツ・ウォー」は、1976年2月3日7時15分に発生した バスジャック犯達とフランス特殊部隊GIGN(Groupe D' Intervention De La Gendarmerie Nationale:ジェイジェン)との銃撃戦のことです。 実話を基に、フィクションも入れて映画化しています。 CIA(米国)とKGB(ソ連)を登場させるなどして、冷戦時代を演出しています。 人質となる子供達、子供達の教師、バスジャック犯達、国境警備隊、政治家、 GIGN達とGIGNの家族が登場することで、バスジャック事件をうまく伝えています。 スナイパーを扱った映画としてもよくできていると思います。 「アメリカン・スナイパー」「ザ・シューター/極大射程」よりも楽しめる 映画だと思いました。 自動小銃(AK-47)、狙撃銃(FR-F1)、拳銃(MR73)の描き方が、実戦的です。 自動小銃(AK-47)は、30発の銃弾を装填し、遠距離の敵を正確に撃てませんが、 有効射程距離は300mもあり、600発/分で連射することもできます。 狙撃銃(FR-F1)は、10発の銃弾を装填し、遠距離の敵を正確に撃てますが、 有効射程距離は300mであり、ボルトアクションなので、連射することはできません。 拳銃(MR73)は、6発の銃弾を装填し、近距離の標的を素早く撃てます。 狙撃銃(FR-F1)が有利なのは、敵と距離が離れている状況に限られるということです。 敵と距離が近くなれば、狙撃銃(FR-F1)は自動小銃(AK-47)に不利になり、拳銃(MR73) を使うことになるというのが、実戦的です。 1970年代は、政治目的のハイジャック事件が以下のように多数発生していた 時代です。 1972年5月8日、パレスチナ過激派テロリストが、ベルギーのブリュッセル発 イスラエルのテルアビブ空港行きのサベナ航空をハイジャックして、 イスラエルのロッド国際空港に着陸させ、逮捕されているテロリストの解放 をイスラエル政府に要求しました。 1976年6月27日、イスラエルのテルアビブ空港発、ギリシャのアテネ空港経由、 フランスのパリ空港行きのエールフランス139便をハイジャックして、 ウガンダのエンテベ空港に着陸し、イスラエルで服役中のテロリストに加えて ドイツ等などで服役中のテロリストの釈放を要求しました。 この事件については「エンテベ空港の7日間」を鑑賞すると良いでしょう。 フランス特殊部隊は、1972年9月5日にパレスチナ武装組織がミュンヘン オリンピック開催中にイスラエルのアスリート11名が殺害した事件に対応 するために創設されました。 日本のSATもこの事件に対応するために創設されました。 この事件については「ミュンヘン」を鑑賞すると良いでしょう。 日本でもバスジャックは以下のように多く起きています。 ・2014年5月11日、宮崎交通のバスがバスジャックされました。 ・2012年4月22日、西東京バスがバスジャックされました。 ・2011年3月 2日、遠州鉄道路線バスがバスジャックされました。 ・2008年7月16日、東名高速バスがバスジャックされました。 ・2004年4月 3日、秋田中央交通の路線バスがバスジャックされました。 ・2004年1月 5日、遠州鉄道路線バスがバスジャックされました。 ・2003年7月28日、川中島バスがバスジャックされました。 ・2001年1月13日、京都市営バスがバスジャックされました。 ・2000年7月22日、宇和島自動車の路線バスがバスジャックされました。 ・2000年5月 3日、西鉄バスがバスジャックされました。  犯人は乗客3人を牛刀で刺し、1人が死亡、2人が重傷を負い、  SAT(特殊急襲部隊)が突入しました。 ジブチ共和国は、アフリカ北東部にあり、北はエリトリア、南東はエチオピア、 南はソマリアと国境を接し、西は紅海に面し、アラビア半島に極めて近く中東に 含まれる場合もあります。 日本からは遠くて小さな無関係な国と思いがちですが、中東から日本に向けて 輸出される石油はジブチ共和国の領海を通過して、輸出されています。 パンフレットは、よくできているので、映画を理解したい人にはお勧めできます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告