テッド・バンディ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

テッド・バンディ

2019年12月20日公開,109分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「グレイテスト・ショーマン」のザック・エフロンが、アメリカ史上最も凶悪といわれた殺人犯を演じる犯罪ドラマ。30人以上を殺害、IQ160の頭脳と美しい容姿で司法・メディアを翻弄したテッド・バンディ。しかし、一人殺されなかった女だけが知る真実があった。共演は「あと1センチの恋」のリリー・コリンズ、「メイズ・ランナー」シリーズのカヤ・スコデラーリオ、「ボーダー・ライン」シリーズのジェフリー・ドノヴァン、「RED レッド」シリーズのジョン・マルコヴィッチ。監督は「クルード アマゾンの原油流出パニック」のジョー・バリンジャー。

予告編・関連動画

テッド・バンディ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディ(ザック・エフロン)とシングルマザーのリズ(リリー・コリンズ)は、あるバーで恋に落ちる。デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの3人は幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていくのだった……。そんなある日、車を運転中のテッドは信号無視で警官に止められ、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。それは、マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑であった。その前年にも女性誘拐事件が発生しており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。一方、テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第にいくつもの事件の真相が明らかになっていく……。

作品データ

原題
Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile
映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ファントム・フィルム
上映時間
109分

[c]2018 Wicked Nevada,LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    みるみる

    3.0
    2020/8/30

    ザック・エフロンのウインクに立ち眩みしそうでシリアルキラーの怪しい魅力にハマっていく作品だと思っていたら違いました。最後の最後まで嘘をつき通して自分の弁護をし、本当に無実を勝ち取れると信じていたんだろうなと思うとゾッとします。彼の犯罪歴をググればとんでもない極悪人なのが分かります。自白のシーンは強烈。
    作品の最後に実際の当時の映像が流れます。劇中の立ち振る舞いが本当だったんだとびっくり。判決を言った後の判事の言葉が映画のセリフではなかった事が衝撃でした。
    ザック・エフロンはドールっぽくて苦手だったけどはまり役だなと思いました。可愛いハーレイ君も頑張りますよ。私の好きなジョン・マルコビッチがすごく良かったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/12/26

    1970年代にアメリカで30人以上の女性を殺した、シリアルキラーが題材。
    記録映像で有名なシーンを再現してはいるものの、ドキュメンタリーではなく、しっかりと映画でした。
    誘拐、強姦、強盗、強盗致傷、死体遺棄など、胸糞の悪くなるシーンはほとんどありません。
    それどころか、彼の内面や二面性、残酷さ、手口などには一切触れないで進みます。
    裁判のシーンでも、死体の映像は部分的です。

    ずっと、婚約者だった女性の視点から、良き伴侶、警察にハメられた不遇な男性として描かれていました(それものはず、原作はこの女性の手記だった)。

    だからこそ……
    ラストのテッドの自白が怖かった!
    すごい溜め!
    これ、連続殺人犯がいかに人をだまして裏切るかということを、騙された女性を通して描いてるんだと気づいた時に、監督ら制作者側の意図が分かります。
    浅くとらえると、「殺人鬼を美化して正当化してる」にも見えるので、そこを間違えると「この映画嫌い」となりかねませんが。

    自席の隣に、カップルでコレを観にきてる人がいたのだけれど、人間不信にならないか心配になりました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2019/12/25

    前半はとても美しい恋愛映画のようだなぁ‥信じあう二人に苦難が襲うけど、愛で乗り超えようとする。
    でも、そうじゃ無いんだ。

    もうね、最後の判決の言葉が全てよね。

    凄く頭が良い。優秀な弁護士に成れただろう。でも道を誤った。
    とんでもない方向にね。

    口が上手くて、魅力的。女性の方から沢山近付いて来ただろう。抑えられない衝動だったんだろうか‥
    それなのに、一人の女性を愛せる物なのか?不思議だわ。

    今までの女性と、彼女の何が違ったんだろう。近付いたのは同じ目的だったんだよね。
    過去の知り合いの女性は、単純に好みじゃ無かったんだと思うけど。

    キャスティングが凄く良いなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2019/12/24

    アメリカ史上最悪の殺人鬼を描いた映画でありながら、
    殺人シーン、死体の映像はほとんどありません。
    この殺人犯を恋人の視点で描き、
    最後まで真実が分からないまま物語が進みます。
    なぜこれほどまで周囲は翻弄されたのか、
    なぜこれほどまで女性がこの殺人犯を守ったのか、
    なぜこれほどまで美しく生きられたのか、
    どう考えても不思議でしかありません。
    結局、ハンサムは得なのかなぁ。
    愛は盲目ってあるんだなぁ。
    最後の最後まで、貯めに貯めて引き込まれしまいました。

    違反報告