ハーレム・ナイト:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ハーレム・ナイト
ハーレム・ナイト

ハーレム・ナイト

1989年12月23日公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

38年のニューヨークのハーレムを舞台に、ギャングに立ち向かう人々の姿を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサー、監督、脚本、主演は本作が初監督作品となるエディ・マーフィ、製作はロバート・D・ワックスとマーク・リプスキー、撮影はウディ・オーメンズス、音楽はハービー・ハンコックが担当。出演はほかにリチャード・プライヤーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

18年のハーレム。7歳の宿なしの孤児クイックは、ハーレムで最も知られたクラブ“シュガー・レイ”のオーナー、シュガー・レイ(リチャード・プライヤー)にその才能を認められ、彼の養子となって20年、クイック(エディ・マーフィ)はレイのパートナーとして、一目置かれる存在となっていた。彼の才覚によって店は大繁盛するが、子供の時と変わらないクイックの負けん気の強さは、しばしばトラブルを巻き起こしていた。ある日、ギャングのボス、バグジー・カルホーン(マイケル・ラーナー)が悪徳刑事のフィル・カントン(ダニー・アイエロ)を使ってレイに嫌がらせをし、売り上げの3分の2のピンハネを要求してくるのだった。カルホーンに一泡ふかせようと計画するクイックとレイは、ボクシングのチャンピオン戦を、いかにも八百長試合を画策しているように見せかけ、カルホーンの多額の賭け金を奪い取ろうとするのだった。そしてクラブのべニー・ウィルソン(レッド・フォックス)やマダム・ベラ(デラ・リース)の協力を得て、まんまとだまし取ることに成功するのだった。さらにカルホーン一味をおびき寄せて彼らを叩き潰したレイたちは、大金を手にハーレムから旅立ってゆくのだった。

作品データ

原題
Harlem Nights
製作年
1989年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画=UIP
上映時間
0分
製作会社
エデイー・マーフィー・プロ作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?