ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ

2020年2月28日公開,138分
  • 上映館を探す

中国新世代の若き鬼才ビー・ガン監督によるヒューマンドラマ。父の死をきっかけに、12年ぶりに故郷へ帰って来たルオ・ホンウ。そこでは、他界した幼馴染みを思い起こすと同時に、長い間、彼の心から離れることのなかったある女性のイメージが付き纏うのだった。出演は「ラスト、コーション」のタン・ウェイ、「背徳と貴婦人」のホアン・ジエ、「妻の愛、娘の時」のシルヴィア・チャン。本編の後半60分は、3D・ワンシークエンスショットという挑戦的な手法が用いられている。第19回(2018年)東京フィルメックスで学生審査員賞を受賞。

予告編・関連動画

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

父の死を機に、12年ぶりに故郷・凱里へ戻って来た男、ルオ・ホンウ(ホアン・ジエ)。彼はその地で、マフィアに殺害された幼馴染みの白猫や、自分を捨てて養蜂家の男と駆け落ちした母親との苦い思い出を蘇らせてゆく。同時に、彼の心をずっと捉えて離れることのなかったある女のイメージが付き纏う。彼女は自分の名前を、香港の有名女優と同じワン・チーウェン(タン・ウェイ)だと言った。ルオはその女の面影を追って、現実と記憶と夢が交錯するミステリアスな旅に出る……。

作品データ

原題
地球最后的夜晩
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
中国=フランス
配給
リアリーライクフィルムズ=ドリームキッド
上映時間
138分

[c]2018 Dangmai Films Co.,LTD,Zhejiang Huace Film & TV Co.,LTD-Wild Bunch/ReallyLikeFilms [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.4

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?