エッシャー 視覚の魔術師|MOVIE WALKER PRESS
MENU

エッシャー 視覚の魔術師

2019年12月14日公開,80分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

だまし絵で知られるオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャーのドキュメンタリー。家族へのインタビュー、収集家の証言、遺された書簡、日記、暮らした町などを通して、彼の知られざる波乱に満ちた人生と、作品について解き明かしていく。監督は、スタイリッシュな長編ドキュメンタリーを手掛け、国内外で多数受賞歴のあるロビン・ルッツ。EUフィルムデーズ2019上映作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

いわゆるトリックアート(だまし絵)で、世界的に有名なオランダ人版画家・画家のマウリッツ・コルネリス・エッシャーの知られざる波乱に満ちた人生と、今なお人々を魅了し続ける作品について解き明かしていく。家族へのインタビュー、収集家の証言、遺された1000を超える書簡、日記などや、暮らした多くの町や地域を通して彼の足跡を丹念に辿り、現在の我々の日常生活にまで及ぶ影響と、その想像力の源泉を探る。第二次大戦を挟んでエッシャーの作風は従来の伝統的な作品から大きく変化し、一見すると論理的にできているようだが現実にはありえない世界を描出するようになった。本作では3Dアニメーションを用いて、エッシャーが漠然としたアイデアを視覚化し、作品を生み出した思考のプロセスを明らかにする。アーティストであると当時に鋭い観察者でもあったエッシャーは、膨大な量の日記、書簡、講義や目録に、自分が見たもの、感じたこと、インスパイアされたもの、驚いたこと、苛立ちなどを子細に書き綴った。それらには彼のさまざまな感情、恐怖、疑念、幸福感、政治的考察、驚き、芸術家としての達成、自作への自らの意見などが含まれている。エッシャーの作品は、自分の言葉で私生活を語ることから生まれたのである。また、70年代のサイケデリック・ムーブメントの時代に、エッシャーから多大な影響を受けたロック・ミュージシャンのグラハム・ナッシュは、エッシャーの再発見について語る。

作品データ

製作年
2018年
製作国
オランダ
配給
パンドラ 配給協力:アップリンク
上映時間
80分

(c)All M.C. Escher works (c) the M.C. Escher Company B.V.- Baarn – the Netherlands [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?