淪落の人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

淪落の人

2020年2月1日公開,112分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

香港を代表する俳優、アンソニー・ウォン主演によるヒューマンドラマ。事故で半身不随となった中年男チョンウィン。妻とは離婚、息子とも離れて暮らし、人生に希望を見いだせない日々のなか、若いフィリピン人女性エヴリンが、住み込み家政婦としてやって来る。共演は、新人のクリセル・コンサンジ、「ピンポン」のサム・リー。香港の女性監督オリヴァー・チャンによる長編デビュー作。第14回(2019)大阪アジアン映画祭にて「みじめな人」のタイトルで上映、観客賞を受賞した。

予告編・関連動画

淪落の人

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

突然の事故で半身不随となってしまった中年男、リョン・チョンウィン(アンソニー・ウォン)。妻とは離婚、息子とも離れて暮らし、人生に何の希望も見いだせないまま、ただ日々を過ごしていた。妹のジンイン(セシリア・イップ)との関係も思うようにいかず、慰みは唯一の友人である元同僚のファイ(サム・リー)との会話と、海外の大学に通う一人息子の成長だけ。そんなある日、チョンウィンの家に、若いフィリピン人女性エヴリン(クリセル・コンサンジ)が住み込み家政婦としてやって来る。だが、広東語が話せない彼女にチョンウィンは苛立ちを隠せない。それでも片言の英語で会話をしながら、ひたむきに介護を続けるイヴリンの姿は、緩やかに彼の心をときほぐし、次第に2人は親友のような関係になっていく。やがて、チョンウィンはエヴリンが家族のためにやむを得ず写真家への道を諦めたものの、今でも心の中で夢を追い求めていることを知り、彼女の夢を叶える手助けをしようと思い始める……。

作品データ

原題
淪落人
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
香港
配給
武蔵野エンタテインメント
上映時間
112分

NO CEILING FILM PRODUCTION LIMITED [c] 2018 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?