白蛾は舞う:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
白蛾は舞う
白蛾は舞う

白蛾は舞う

1924年公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「極光に踊る女」「心なき女性」等に出演したバーバラ・ラ・マー嬢がファースト・ナショナル社のスターとなっての第一回作品。イゾラ・フォレスター女史の原作、アルバート・シェルビー・ル・ヴィノ氏の脚色で、監督は「魔界の髑髏島」「クリスチャン」等と同じくモーリス・トゥールヌール氏である。ラ・マー嬢の対手は「ベラ・ドンナ」「絹擦れの音」等出演のコンウェイ・タール氏、「十誡(1923)」「無法者の掟」等出演のシャルル・ド・ローシュ氏、新進若手のベン・ライオン氏、「ニューヨークの魔窟」「恐怖の未来」等出演のエドナ・マーフィ嬢等である。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

巴里ラテン街の物語。白蛾と呼ばれた美しい舞姫を、弟グラスとの結婚を止めようとして、ロバート・ヴァンタインは彼女に近づいた。白蛾が舞台で舞っている時彼女を嫉妬した彼女のダンスの対手なるエル・ヴォルカノーは彼女を狙撃したが、ロバートは彼女を助けニューヨークへ共に去って彼女と結婚する。ロバートが彼女と結婚した動機は、弟をして彼女の魅力に陥らせまいとするためであったが、エル・ヴォルカノーが再び現れて彼女に愛を求め始めたとき彼は自分が白蛾を愛している事を意識した。エル・ヴォルカノーはかつて棄てた舞姫ニノンに殺され、ロバートと白蛾とはついに心から愛しあう仲となった。批評ージャズとフラッパーの映画で、絢爛目も眩き作品。役割も良いし、香味と事件に豊かなもの。一般の観客に受けるであろう。(ニウス誌フランク・エリオット氏)

作品データ

原題
The White Moth
製作年
1924年
製作国
アメリカ
配給
ファースト・ナショナル
上映時間
0分
製作会社
ファースト・ナショナル映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?