劇場特別版「カフカの東京絶望日記」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場特別版「カフカの東京絶望日記」

2020年2月28日公開,95分
  • 上映館を探す

「映画刀剣乱舞-継承-」の鈴木拡樹主演、2019年秋に毎日放送ドラマ特区枠で放送されたテレビドラマの選りすぐりのエピソードに新規カットを追加した劇場特別版。20世紀を代表する小説家フランツ・カフカが2019年の東京で生活し、様々なことに絶望していく。監督は、劇作家の加藤拓也と、「ピンカートンに会いにいく」の坂下雄一郎。原案は『マンガで読む絶望名人カフカの人生論』。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある朝目覚めると巨大な虫になっていた男を描いた『変身』などを著した、20世紀を代表する小説家フランツ・カフカ(鈴木拡樹)。彼が何かにつけ絶望せずにいられない絶望中毒であることはあまり知られていない。そんなカフカが、何故か2019年の東京で暮らしている。カフカが日々起こる様々な出来事に本気で傷つき、打ちのめされ、絶望すればするほど、それを見た人たちは彼の素直さやまじめさに触発されていき……。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント
上映時間
95分

[c]「カフカの東京絶望日記」製作委員会・MBS [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?