ロックンロール・ストリップ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロックンロール・ストリップ

2020年8月14日公開,108分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

作家・俳優として活躍する木下半太の自伝的小説を、自らの監督で映画化したコメディ。映画監督を夢見ながらも、売れない劇団の座長として日々を送る木村勇太はある夜、謎の美女・冬音から、ストリップ劇場で劇団の公演を行ってほしいとの依頼を受けるが……。出演はお笑いコンビ“ジャルジャル”の後藤淳平、「わたしは光をにぎっている」の徳永えり、「ごっこ」の智順。

予告編・関連動画

ロックンロール・ストリップ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

売れない劇団の座長・木村勇太(後藤淳平)の夢は、映画監督になること。しかしその実態は、観客がまばらな劇場で演劇を続けた挙句、劇団員たちに愛想を尽かされて解散。長年付き合っている恋人・栗山千春(徳永えり)との結婚にも踏み切れず、人気ロックバンド“マチルダ”でボーカルを務める妹・木村朋美(三戸なつめ)とは大違いの散々な日々を送っていた。自ら経営する大阪のバーでは、常連からも“夢は諦めるのが早いほうがいい”と言われる始末。そんなある夜の閉店間際、バーを訪れた謎の美女・冬音(智順)が、勇太が赤星(ぎい子)、ビーバー藤森(坂口涼太郎)、火野(町田悠字)と共に旗揚げした劇団“チームKGB”に、ストリップ劇場で上演してほしいと依頼してくる。冬音は“チームKGB”のファンで、その正体は人気ストリッパーの旭川ローズだったのだ。劇場を満員にしたい旭川ローズの想いを叶えるため、場末の劇場を舞台に、勇太たち劇団員4人が町中を巻き込んで珍騒動を繰り広げることに……。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
上映時間
108分

[c]「ロックンロール・ストリップ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ソウルブラザーNO1

    3.0
    2021/1/28

    熱いぜ...............................................

    違反報告