河童II~But,we have to rest|MOVIE WALKER PRESS
MENU

河童II~But,we have to rest

公開未定公開,70分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

芥川龍之介の「河童」の舞台を現代に置き換えて映画化。定年間近の会社員、二見はある日、奇妙な動物と出会い、その後を追う。途中で穴に落ちた彼女が気付くと、目の前には先ほどの動物たちの群れが。それは河童だった。二見は河童たちと交流を深めるが……。出演は「泣き虫しょったんの奇跡」の美保純、「おけちみゃく」の和泉元彌。監督の秋原北胤が、2006年の監督作「河童 kappa」をリメイクした。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

中堅企業で働く二見(美保純)は高校を卒業して今の会社に入り、間もなく40年。定年を迎えようとする彼女は、笑顔で日々の仕事を続けるうち、精神的に圧迫されていた。そんなある日、社用である神社へ向かった二見は、見たこともない動物と出会う。思わずその後を追いかけるが、途中、足を踏み外して穴に転落。目を開けると、そこには先ほどの動物たちが群れを成していた。なんとそれは、河童だった。医者と思われるチャック(浅野美保)に加え、漁師のバッグ(ベンガル)や会社社長のゲエル(稲見雅文)という河童たちまでもが、二見の面会に訪れる。哲学者のマッグ(咲良)からは、河童について教わり、次第に河童に慣れていく二見。気さくに声をかけてくる詩人のトック(綾田俊樹)と交流を持つようになり、彼の仲間が集う超人倶楽部の面々や音楽家のクラバック(和泉元彌)を紹介され、バンド“えちごや”を率いるクラバックの演奏会を見に行くことに。突拍子もなく見える河童の生活も、実のところ人間の生活に共通する部分が多かった。やがて、河童の世界にも自分の居場所が無いような空虚感に追い込まれた二見は、人間界へ帰ろうとするが……。

作品データ

上映時間
70分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?