シェイクスピアの庭|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シェイクスピアの庭

2020年3月6日公開,101分
  • 上映館を探す

シェイクスピア俳優として知られ「ヘンリー五世」などシェイクスピア作品の映画化を多数手がけたケネス・ブラナーが監督・主演、シェイクスピアの晩年を描く伝記劇。グローブ座焼失後断筆した文豪は故郷に戻るが、長年不在だった彼の帰還に家族は戸惑い……。故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンで過ごしたシェイクスピア最期の3年間に焦点を当て、「恋に落ちたシェイクスピア」でアカデミー賞助演女優賞を獲得したジュディ・デンチが妻アンを、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどのほかシェイクスピア作品にも多数出演するイアン・マッケランがシェイクスピアのパトロンとして知られるサウサンプトン伯爵を演じる。

予告編・関連動画

シェイクスピアの庭

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1613年6月29日、『ヘンリー八世』を上演中だったロンドンの劇場グローブ座が全焼。この大火災の後、断筆したウィリアム・シェイクスピア(ケネス・ブラナー)はロンドンを去り故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンの家族のもとへ向かう。二十数年もの間ほとんど会うことのなかったシェイクスピアが戻り、8歳年上の妻アン(ジュディ・デンチ)や娘たちは戸惑いを隠せない。そんな中、シェイクスピアは17年前に幼くして亡くなった最愛の息子ハムネットを悼む庭を造ることを思い立つ。この世のすべてを知り尽くすと言われたシェイクスピア。しかし家族それぞれの胸の内には彼ですら想像つかない思いがあった……。

作品データ

原題
ALL IS TRUE
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
イギリス
配給
ハーク
上映時間
101分

[c]2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/3/17

    時代背景が1613年なので、悲しい位の差別社会。 女性は嫁に行き子どもを産む以外の存在価値を認められない時代。 シェイクスピアがいかに偉大で人気の詩人で劇作家であっても、ファンの伯爵に人間同士としての交流を望んでも、身分が違う・・と、切り捨てられてしまう。 たまたま両親の元に産まれただけ・・なんて言っておきながらね。 改めて、色々な人が戦って、今が有るんだなぁ・・と思った。 シェイクスピアにやたら絡んで来る田舎領主がシェイクスピアに、詩を作るだけのお前と違って、私には膨大な領地を監視する立派な仕事があって忙しい…と言うんだけど、言われたシェイクスピアが、私は劇場を管理し諸経費とスタッフの賃金を払い、長く続く公演を考え、観客の水や食事を用意している。彼らには楽しみが必要だから。そして空いた時間に詩を描いてる。それが仕事だ!・・と応える。 セリフの内容は、要約しているけど。 コロナで困窮している現状に、何てタイムリーなセリフなんだろう… 映像の加工が凄く綺麗。 家族の大変な時に居なくて、何で帰って来たんだろう?状態に見えて、居なくても強大な存在感で家族の中に存在していて、彼らは恐れていたんだな‥ 彼に失望される事を。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告