シェイクスピアの庭:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
シェイクスピアの庭

シェイクスピアの庭

2020年3月6日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

シェイクスピア俳優として知られ「ヘンリー五世」などシェイクスピア作品の映画化を多数手がけたケネス・ブラナーが監督・主演、シェイクスピアの晩年を描く伝記劇。グローブ座焼失後断筆した文豪は故郷に戻るが、長年不在だった彼の帰還に家族は戸惑い……。故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンで過ごしたシェイクスピア最期の3年間に焦点を当て、「恋に落ちたシェイクスピア」でアカデミー賞助演女優賞を獲得したジュディ・デンチが妻アンを、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどのほかシェイクスピア作品にも多数出演するイアン・マッケランがシェイクスピアのパトロンとして知られるサウサンプトン伯爵を演じる。

予告編・関連動画

シェイクスピアの庭

予告編

2020/1/31(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1613年6月29日、『ヘンリー八世』を上演中だったロンドンの劇場グローブ座が全焼。この大火災の後、断筆したウィリアム・シェイクスピア(ケネス・ブラナー)はロンドンを去り故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンの家族のもとへ向かう。二十数年もの間ほとんど会うことのなかったシェイクスピアが戻り、8歳年上の妻アン(ジュディ・デンチ)や娘たちは戸惑いを隠せない。そんな中、シェイクスピアは17年前に幼くして亡くなった最愛の息子ハムネットを悼む庭を造ることを思い立つ。この世のすべてを知り尽くすと言われたシェイクスピア。しかし家族それぞれの胸の内には彼ですら想像つかない思いがあった……。

作品データ

原題
ALL IS TRUE
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
イギリス
配給
ハーク
上映時間
101分

[c]2018 TKBC Limited. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?