ようこそ、革命シネマへ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ようこそ、革命シネマへ

2020年4月4日公開,97分
  • 上映館を探す

映画産業が崩壊したスーダンで、映画館復興に向け奔走する4人の老映画人たちを追ったドキュメンタリー。1989年の軍事政権誕生から数十年。政治犯として拘禁されたり、亡命していた4人が再会。一夜限りの上映を夢見て準備を開始するも様々な壁が立ちはだかる。2019年ベルリン国際映画祭 パノラマ部門 ドキュメンタリー賞・観客賞受賞作。4月4日より公開延期。

予告編・関連動画

ようこそ、革命シネマへ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アフリカ・スーダン。1956年の独立後、海外で映画を学んだイブラヒム、スレイマン、エルタイブ、マナルの4人は、スーダンで映画を製作してきた。彼らは、母国スーダンに映画文化を根づかせようと、1989年に「スーダン・フィルム・グループ」を設立するが、同年、軍事独裁政権が誕生し言論の自由は奪われ、映画は発禁処分となり、彼らは政治犯として拘禁されたり、国外への亡命を余儀なくされた。その後も、2003年にダルフール紛争、2011年には南スーダンの分離独立などが続き、スーダンの映画産業は崩壊、かつての映画館も廃れてしまう。そんな状況下、還暦を過ぎた4人は、母国スーダンで再会。“映画を再びスーダンの人々のもとに取り戻したい”というスローガンを掲げ、一夜限りで映画館を復活させようと奔走する。放置された映画館を清掃し、若者たちに上映したい作品をリサーチ。着々と上映の準備を進めていくが、電気もままならない生活環境に加え、独裁政権下のスーダンでの上映は困難を極めるものだった。だが、映画への愛に溢れ、苛酷な人生を経験した彼らは、様々な障壁にぶつかっても臆することはなかった……。

作品データ

原題
TALKING ABOUT TREES
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス=スーダン=ドイツ=チャド=カタール
配給
アニモプロデュース
上映時間
97分

[c] AGAT Films & Cie – Sudanese Film Group - MADE IN GERMANY Filmproduktion - GOI-GOI Productions - Video de Poche – Doha Film Institute - 2019 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?