藍に響け|MOVIE WALKER PRESS
MENU

藍に響け

2021年5月21日公開,117分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

すたひろの漫画『和太鼓†ガールズ』をベースに、部活を通し成長する二人の少女を描いたオリジナルの青春ドラマ。お嬢様女子高に通う環は、父の会社が倒産し生活が一変。行き場のない思いを抱えていたところ、声帯を損傷したマリアが叩く和太鼓の音と出会う。監督は「かぐらめ」の奥秋泰男。生活が変わり明日が見えずにいた松沢環を『仮面ライダージオウ』の紺野彩夏が、言葉を発することができなくなった新島マリアを「サヨナラまでの30分」の久保田紗友が演じる。「叩き壊すほどに君へ-WADAIKO†GIRLS-」より改題。

予告編・関連動画

藍に響け

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

裕福な家庭に生まれた松沢環は、ミッション系お嬢様学校へ通い、幼馴染みの佐伯美鈴らと共に富裕層らしい日常を過ごしていた。しかし父の会社が倒産し生活が一変。引っ越しが決まり、ずっと続けてきたバレエも辞めることになり、それでも事情を誰にも言えず、行き場のない思いを抱えていた。そんな中、ふと聞こえてきた音の振動に吸い寄せられ音を辿っていくと、新島マリア(久保田紗友)が和太鼓を叩いていた。マリアは交通事故で声帯を損傷し言葉を発することができなくなったが、誰にでも積極的に接する明るさをもっていた。マリアにとって、和太鼓が言葉そのものだった。初めてその音の豊かな響きを体感した環は、それ以来和太鼓のことが頭から離れなくなり、和太鼓プロ集団・雷鼓音のコンサートへ。そこでは高校生の江森司が大人に混じって圧巻の演奏を披露。暗い底に沈んでいた心が次第に動かされ、環は和太鼓部の扉を開くが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
アンプラグド
上映時間
117分

[c]すたひろ/双葉社 [c]2021「藍に響け」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.4

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?