異端の鳥:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
異端の鳥

異端の鳥

2020年10月9日公開、169分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2019年のヴェネツィア国際映画祭でユニセフ賞を受賞するなど、各国の映画祭や批評家から多くの評価を得た衝撃作。第二次大戦中にナチスのホロコーストから逃れて疎開した少年が、差別と迫害、自然の脅威と対峙しながら強く生き抜く姿と、少年を異物とみなし徹底的に攻撃する“普通の人々”を赤裸々に映しだす。原作は、自身もホロコーストの生き残りであるポーランドの作家、イェジー・コシンスキが1965年に発表した著書。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

異端の鳥

予告編

2020/3/9(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東欧のどこか。ナチスのホロコーストを逃れて田舎に疎開した少年は、預かり先である一人暮らしの老婆と生活している。しかし、のちに老婆が病死したうえに火事で家が消失したことで、身寄りをなくした少年はたった一人で旅に出ることに。行く先々で周囲の人間たちの心ない仕打ちに遭いながらも、少年は生き延びようと必死にもがき続ける。

作品データ

原題
The Painted Bird
映倫区分
R15+
製作年
2018年
製作国
チェコ=スロヴァキア=ウクライナ
配給
トランスフォーマー
上映時間
169分
製作会社
Silver Screen=Directory Films=PubRes=Rozhlas a televízia Slovenska

[c]2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN CESKA TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVIZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKY [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8 /41件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?