初恋ハリイ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
初恋ハリイ
初恋ハリイ

初恋ハリイ

1927年公開、0分、コメディ/恋愛
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「初陣ハリー」「当たりっ子ハリー」に続いて製作されたハリー・ラングドン氏第三回主演喜劇で、アーサー・リップリー氏が執筆した物語をロバート・エディー氏が脚色し「当たりっ子ハリー」と同じくフランク・カプロ氏が監督した。相手役も「当たりっ子ハリー」と同じくブリシラ・ボナー嬢が勤め、アルマ・ベネット嬢、グラデイス・ブロツクウエル嬢、ベティー・フランシスコ嬢等が共演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハリー・シエルビーはようやく大人になった。そしてお母さんにねだって膝までの短いパンツを脱ぎ捨て長いズボンをはくことが出来ので誰が見ても大人だと大喜びだった。ハリーは自分はドン・ファン第二世になるような夢想を抱いていて、何か大きなことを立派にやる遂げるに相違ないと考えていた。彼は町中の人に自分が大人になったことを見せて歩きたかったので自転車に乗って出掛けた。そしてその筋のお尋ね者の女賊で「お姫さま」と呼ばれているビービー・ブレーアという女が自動車に乗って行くのにハリーは並んで走りながら彼女にほれてしまった。ビービーはおもしろ半分に彼をからかったのを彼女も自分を恋しているとしんじたハリーは許婚者のブリシラのことも打忘れてビービーを慕って都に出た。悪事が露顕して捕らえられ獄舎につながれていた女賊ビービーが脱獄した所へ、彼女を探しに来たハリーは来合わせて、色々の冒険に遭遇した。ハリーはビービーと一緒にいるのが空恐ろしくなって来た。そしてあるカフェでビービーは1人の踊り子と争った揚げ句、1人の男と銃火を交えて2人共に死んでしまった。その場に居合わせたためにハリーは容疑者として一日投獄されたが、やがて疑い晴れて放免されると懐かしい田舎へ帰った、その処には純なブリシラがハリーの父母と共に彼の無事を祈っていた。

作品データ

原題
Long Pants
製作年
1927年
製作国
アメリカ
配給
ファースト・ナショナル支社
上映時間
0分
製作会社
ファースト・ナショナル映画
ジャンル
コメディ恋愛

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?