アンティークの祝祭|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アンティークの祝祭

2020年6月5日公開,94分
  • 上映館を探す

『真実』のカトリーヌ・ドヌーヴが主演を務め、実の娘である『チャップリンからの贈りもの』のキアラ・マストロヤンニと共演するヒューマンドラマ。死期を悟った主人公が大切にしてきたアンティーク・コレクションを手放すことで、自らの波乱万丈な人生を振り返る姿を描く。メガホンをとるのは『パパの木』のジュリー・ベルトゥチェリ。

予告編・関連動画

アンティークの祝祭

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある夏の朝、意識や記憶がおぼろげになり始め、「今日が私の最期の日」と確信したクレール。長年かけて集めてきた仕掛け時計や肖像画、からくり人形といった大切なアンティーク・コレクションを処分することを決心した彼女は、庭先でガレージセールを開き大安売りを始める。この行動を奇妙に思った友人がクレールの娘マリーに連絡したことで、母娘は20年ぶりの再会を果たす。

作品データ

原題
La derniere folie de Claire Darling
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
キノフィルムズ=木下グループ
上映時間
94分

[c]Les Films du Poisson - France 2 Cinema - Uccelli Production – Pictanovo [c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/7/17

    Catherine Deneuveとんでもなく美しい女優さんでしたが、老いても雰囲気が有って今も人気女優ですよね。 実娘のChiara Mastroianniと母娘役。 裕福で優雅で自由な生活をしているように見えるクレール役がぴったりなんだけど、徐々におぼろげになる痴呆的な症状が印象的。 不安そうで困惑した儚げな表情をする。見ていて不安を掻きたてる。 それが、何かが起きてしまうのではないか・・と言う不安を加速させるの。 そして、おぼろげな記憶の過去を垣間見ながら、やはり幸せだったとは言えない彼女の人生が見えてくる。 趣味で集めた貴重なアンティーク品をガレージセールで売るのは、勿論お金の為じゃない。 精算・・かな?最後は見事にその通りになったけど。 何かが心に引っかかっていて、それは、少女時代の象のからくり時計だったり、牧師の睡蓮の絵だったり、肩身の指輪だったり。 でも、それらも浮かんだり薄れたり・・もどかしい。 加齢と共に、もどかしい事は増えるよね。 過去の記憶が入り混じり時々ファンタジーっぽくなるけど、ラストは特にね。 人様に迷惑かけないで済むなら、あんな最期も良いわ。 一瞬だし。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    りえとみ

    4.0
    2020/6/30

    カトリーヌ・ドヌーヴが美しい! 思いもかけぬ終わり方でした…

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告