大海原のソングライン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大海原のソングライン

2020年8月1日公開,82分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した音楽ドキュメンタリー。はるか昔、数千年に渡り大海原を行き、島々に音楽を残した船乗りたちの航路を追跡。かつて同じ言葉や音楽でつながっていた島々の歌を再び集結させ、壮大なアンサンブルを奏でる。本作に先駆け発売された音楽アルバム『Small Island Big Song』は、2019年イギリスSonglines Music Awardsアジア・太平洋部門最優秀アルバム賞、2019年ドイツレコード批評家賞 Award of the German Record Critics年度最優秀アルバムなどを受賞。2019年沖縄国際映画祭『桜坂映画大学』にてワールドプレミア(上映タイトル「スモールアイランド・ビッグソング 小島大歌」)。2020年5月下旬公開より延期。

予告編・関連動画

大海原のソングライン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

5千年前、太平洋を渡る人々がいた。数千年に渡り大海原を攻略、地球の半分を覆う島々に辿り着いた彼らは、その先々で音楽を残しながら交流していった。その勇敢な船乗りたちの子孫は今では4億人にまで増えたという。音楽プロデューサーでもある監督のティム・コールとプロデューサーのバオバオ・チェンは 3年間に渡りその航路を追跡。台湾、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、さらに太平洋の向こう側に位置するマダカスカル、そしてイースター島に至るまで実に 16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録した。オーストラリアの先住民には古来より受け継がれてきた、ソングラインという思想・信仰がある。数珠つなぎに様々な歌が重なり合う独特の手法で、生活の中で動植物や岩、湖などを歌い世界を表現していく。本作はそのソングラインという思想に基づき、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させる壮大な音楽プロジェクトである。

作品データ

原題
Small Island Big Song
製作年
2019年
製作国
オーストラリア=台湾
配給
ムーリンプロダクション
上映時間
82分

[c]Small Island Big Song [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.5
  • rikoriko2255

    エル・トポ

    5.0
    2020/9/21

    5000年前に船に乗り、台湾からマダガスカルやニューギニア、インドネシア、ニュージーランドなど各地に渡った、多くの民族が音楽によって繋がる。

    途中で、静かに字幕が入る。
    地球上の哺乳動物の60%は家畜であり、人間は35%、野生動物は5%であること。
    現在のペースでいくと、2050年には海洋プラスチックが魚の量を超えてしまうこと。
    人類が利用できる水は、ほんの僅かに過ぎないこと、など。

    近代的な高層住宅の公園でブランコをこぐ姿も、ラップの影響を受けた若者も登場する。

    それでも、民族の音楽の伝統は受け継がれている。
    大海原も、深い森も、全ての映像が美しくい。

    声高に自然保護を訴えるよりも、この映画一本の方が何倍も力強い。

    全国でロードショーして、多くの人に見てほしい。

    違反報告