グレース・オブ・ゴッド 告発の時:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
グレース・オブ・ゴッド 告発の時

グレース・オブ・ゴッド 告発の時

2020年7月17日公開、137分、社会派
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

長年にわたって信者家庭の少年たちに性的暴力を加え、80人を超える被害者を出した「プレナ神父事件」を、フランス映画界を牽引する鬼才フランソワ・オゾン監督が映画化したヒューマンドラマ。『わたしはロランス』のメルヴィル・プポー、『ブラッディ・ミルク』のスワン・アルローらが出演し、第69回ベルリン国際映画祭では審査員グランプリとなる銀熊賞を受賞した。

予告編・関連動画

グレース・オブ・ゴッド 告発の時

予告編

2020/6/2(火)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼少期にプレナ神父から性的虐待を受けたアレクサンドルは、神父が現在も子どもたちに聖書を教えていることを知り、家族を守るべく過去のできごとの告発を決意。同様に神父の被害に遭った男たちが立ち上がるなか、教会側はプレナの罪を認めながらも責任を巧みにかわそうとする。やがて、アレクサンドルたちは沈黙を破った代償として、社会や家族との軋轢と戦うこととなる。

作品データ

原題
Grace a Dieu
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
キノフィルムズ=東京テアトル
上映時間
137分
ジャンル
社会派

[c]2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINEMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6 /19件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?