ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)

2020年9月18日公開,104分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

岩手県一関市にあるジャズ喫茶“ベイシー”のマスター、菅原正二の素顔に迫ったドキュメンタリー。店を構えて50年。“世界一のサウンドが聴ける聖地”として、世界中から客を集めるようになった菅原の音に対するこだわりと、ジャズなその生き様を炙り出す。監督を務めたのは、バーのオーナーであり、クリエイターでもある星野哲也。本作が初監督となる。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和初期、ジャズの普及と共にその歴史が始まった“ジャズ喫茶”。この日本独自のレコード鑑賞文化は現在も全国に存在するが、“ベイシー”は岩手県一関市に店を構えて50年。いつしか世界一のサウンドが聴ける聖地として、マスターの菅原正二が生み出す“音”を求めて連日、日本のみならず世界中からジャズファンやオーディオマニアが訪れるようになった。より良い音を再現するために菅原は日々、開店以来使い続けるJBLのオーディオシステムの調整を重ねる。故に、菅原が不在のまま営業したことは1日たりともない。そうして生み出された音は、聴く者に、演奏者がその場に現れたかのような錯覚を起こさせる。本作では、菅原がかける名だたるプレイヤーのレコードを、アナログ録音の伝説的名器“ナグラ”で生収録。菅原が再生する極上の音を、ベイシーの空気感と共に収めている。菅原へのインタビューを中心に、渡辺貞夫、坂田明、村上“ポンタ”秀一、ペーター・ブロッツマンなど世界的なミュージシャンによるベイシーでの生演奏、阿部薫、エルヴィン・ジョーンズの貴重な生前のライブ映像、さらに各界著名人らのインタビューで綴られる本作。そのために、5年に渡って延べ150時間もの映像を撮り続けたのは、バーのオーナーであり、クリエイターでもある星野哲也。これが初監督となるが、親交の深い彼だからこそ引き出すことのできる菅原の素顔を捉え、ジャズファンはもちろん、ジャズを知らない人も、菅原本人の魅力を通して、ジャズ・オーディオの世界に引き込んでいく。果たして、菅原の考える“ジャズ”とは……?

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
アップリンク
上映時間
104分

[c]「ジャズ喫茶ベイシー」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ryookie

    3.5
    2020/10/6

    死ぬまでに一度はベイシー行脚します!!

    違反報告