ハッピー・オールド・イヤー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ハッピー・オールド・イヤー

2020年12月11日公開,113分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

タイ映画界の新世代の旗手ナワポン・タムロンラタナリット監督による日本劇場初公開作。海外留学から帰国したジーンは、かつて父が経営していた音楽教室兼自宅の断捨離を行い、自分の事務所にしようとするが、借りた物や写真の思い出が蘇り片づけは一向に進まない。主演は「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のチュティモン・ジョンジャルーンスックジン。第15回(2020年)大阪アジアン映画祭でグランプリを受賞。

予告編・関連動画

ハッピー・オールド・イヤー

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

留学先のスウェーデンでミニマルなライフスタイルを学び帰国したデザイナーのジーン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)。かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、自作の服をオンラインで販売する兄と3人で暮らす彼女は、家をリフォームしてデザイン事務所にすることを思い立つ。理想的なオフィスを目指し、モノにあふれた家の“断捨離”を進めていくジーン。洋服、レコード、楽器、アルバムといった友達から借りたままだったモノを返して廻るが、彼らの反応は千差万別で、なかなか思うように断捨離は進まない。そんななか、かつての恋人エーム(サニー・スワンメーターノン)から借りたカメラを見つけたジーンは、処分に困りながらも小包として送り返すが、受取を拒否されジーンのもとに戻ってきてしまう……。

作品データ

原題
Happy Old Year
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
タイ
配給
ザジフィルムズ=マクザム
上映時間
113分

[c]2019 GDH 559 Co., Ltd. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    2021/5/29

    タイ製作の作品は「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」以来、久々。「片付け」がテーマ(自分の仕事にも深く関わっている)ということもあり、とても興味深く鑑賞。片付ける=捨てる、と割り切れれば良いのですが、モノには想いや記憶、そして誰かが介在していることもあったりして、一長一短にはいかないことがあらためてよくわかりました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    nastika

    4.0
    2021/3/2

    北欧帰りの主人公が実家の改装を兼ねた断捨離を通じて過去と自身の在り方を見つめ直す。北欧やミニマルな世界観からのビターな展開が良い。ありがちな良い話にせず人間の業や因果応報について考えさせられる良作。くらし系やミニマリストに強くおすすめ。

    「バッド・ジーニアス」「ホームステイ」と制作チームが同じなので期待はしていたけど、邦画とは違った切り口に今回もハッとさせられた。マーベルやこんまりの小ネタも自然に入ってきて、いちいち上手いなー、と。年の瀬の大掃除の前に見る断捨離映画としては不向きかも?内省の機会としては良さそう。

    違反報告