写真の女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

写真の女

2021年1月30日公開,89分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020 SKIPシティアワードを受賞した異色のラブストーリー。古ぼけた写真館を営む械は傷を負ったキョウコと出会う。彼女に頼まれ画像処理した傷のない美しい姿の写真を作り出したところ、理想と現実に挟まれキョウコは混乱する。監督は、『ブラックサンダー ラップバトルシリーズ』などのCM制作をする一方、「声」などの短編作品を手がけ国内外で評価を得てきた串田壮史。本作が初長編作品となる。劇団『青年団』の永井秀樹と、ダンサーとしても活動する大滝樹が、「声」から続いて共演。第15回大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にてプレミア上映。第3回門真国際映画祭最優秀助演女優賞(鯉沼トキ)はじめ国内外の映画祭で多数受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

父の残した写真館でひとり暮らしながら写真の加工修正(レタッチ)をする50歳の械(永井秀樹)は、ある夏の日、不慮の転落で怪我をし、胸元に大きな傷のあるキョウコ(大滝樹)と出会う。女性恐怖症の械は馴れ馴れしいキョウコに戸惑いつつも、行く当てのない彼女を仕方なく家に住まわせることに。キョウコに頼まれてレタッチを施し傷のない美しい姿の写真を作り出したところ、キョウコは加工処理された自分の姿に魅了された。しかし皮肉にもSNSではただ美しいだけよりも傷ついた本当の姿を晒すことで多くの人が興味を抱いていく。彼女にとっては世界のすべてだったSNSで、理想の自分と現実の自分、二つの自分の溝に挟まったキョウコは、精神的混乱に陥り、やがて完全に自分の存在意義を喪失。もはやキョウコを救えるのは自分だけだと感じた械は、まるでメスに共食いされるカマキリのオスさながら、死を覚悟して女を愛し、彼女のすべてを写真に収め続ける決意をする。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
ピラミッドフィルム
上映時間
89分

[c]2020「写真の女」PYRAMID FILM INC. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?