今宵、212号室で|MOVIE WALKER PRESS
MENU

今宵、212号室で

2020年6月19日公開,87分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

シャンソンの名曲にのせてパリのホテルで繰り広げられる軽妙洒脱なラブ・ストーリー。夫と喧嘩したマリアは、一晩だけアパルトマンの真向かいのホテルで過ごすことに。すると20年前の夫をはじめ、歴代の元カレたちが次々と登場、不思議な一夜が幕を開ける……。主人公マリアを演じるのは、本作で第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞を受賞したキアラ・マストロヤンニ。共演は「アマンダと僕」のヴァンサン・ラコスト、「マリアンヌ」のカミーユ・コッタン。監督は「愛のあしあと」のクリストフ・オノレ。

フォトギャラリー

今宵、212号室で 画像1
今宵、212号室で 画像2
今宵、212号室で 画像3
今宵、212号室で 画像4
今宵、212号室で 画像5
今宵、212号室で 画像6

予告編・関連動画

今宵、212号室で

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

司法・訴訟史が専門の大学教授マリア(キアラ・マストロヤンニ)は、付き合って25年、結婚して20年になるリシャール(バンジャマン・ビオレ)と二人暮らし。今ではすっかり“家族”になってしまった夫には内緒で、マリアは浮気を重ねていた。だが、ある日ついにリシャールにバレてしまい、怒った彼と距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室で過ごすことに。窓越しに夫の様子を眺めるマリア。すると、突如20年前の姿をしたリシャール(ヴァンサン・ラコスト)が現れ、さらには元カレたちも次々と登場、愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開ける……。

作品データ

原題
Chambre 212
映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
フランス=ルクセンブルク=ベルギー
配給
ビターズ・エンド
上映時間
87分

[c]Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope Pictures/France 2 Cinema [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2020/6/24

    ずっと脳内で年齢の計算ばかりしていた気がする。
    現在リシャールは50歳で、マリアは3歳下だから47歳位かな。
    リシャールが15歳で出会ったイレーヌは、今60歳位と言う事は、当時25歳くらい?
    身を引いた時は35歳過ぎ・・引き際だわねぇ。

    47歳で、若くて魅力的な男の子たちを魅了するマリアは凄いわ。
    とんでもないとも思うけど、その自信は羨ましいとも思う。

    ずっと一途だったリシャールも凄い。
    でも、身を引かなかったらしれっとイレーヌを愛人にしようとしていたんだけどね。

    年月経って空気みたいな存在になった夫婦なんて、お互い一途でなんていられない物じゃないのかな。
    実行に移すかどうかは別にして。

    好きだった頃を思い出す時間だったのか‥?己の愚行と向き合う時間だったのか?とてもそうとも言い切れないとんでもない一夜なんだけど。
    一夜明けて許そうとしているリシャールやっぱり凄いな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告