私たちが生まれた島 OKINAWA2018|MOVIE WALKER PRESS
MENU

私たちが生まれた島 OKINAWA2018

2020年9月4日公開,141分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

米軍普天間飛行場の移設問題で揺れる沖縄の若者たちを追ったドキュメンタリー。辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票実現に向けて奔走する青年や、村議会議員に立候補した3児の母、伊江島で育った高校生らに密着。現在を生きる彼らの視点から基地問題に迫る。監督は「OKINAWA1965」の都鳥伸也。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2018年3月。一橋大学の大学院で歴史学を学び、SEALDsなどに参加した経験を持つ元山仁士郎さんは『辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票』の実現に向けて動いていた。沖縄県内を奔走し、辺野古県民投票の会を設立。翁長雄志知事に『県民投票条例』の制定を直接請求するための署名が始まった。しかし、その条例の制定には、2か月で有権者の50分の1。2万4千筆以上の署名を集め、知事に提出する必要があった……。2014年の沖縄県知事選挙で、辺野古新基地建設反対を掲げる翁長雄志が当選したにも関わらず、日本政府は工事を強行。この姿勢に危機感を覚えた読谷村に暮らす3児の母・城間真弓さんは、保育士の仕事の傍ら反対運動に家族で参加するようになった。真弓さんにとって基地は幼い頃から身近な存在で、悪いイメージはない。だが一方で、米兵が事件を起こしても県民が泣き寝入りを強いられる状況も目にしていたこともあり、2018年、真弓さんは保育士を辞め、9月の村議会選挙に立候補を決意する……。那覇市内の高校に通う中川友希さんは、15歳まで伊江島で育った。伊江島は、太平洋戦争・沖縄戦の激戦区。慰霊のために建てられた芳魂之塔には伊江島で戦死した守備軍将兵約2000人と住民1500人が合祀されている。友希さんは、基地による恩恵と基地問題を生まれ育った場所でもう一度見つめ直そうと、同じ那覇市内の高校に通う友人たちと共に伊江島へ向かう……。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
ロングラン・映像メディア事業部
上映時間
141分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?