ファヒム パリが見た奇跡|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファヒム パリが見た奇跡

2020年8月14日公開,107分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

チェスチャンピオンを目指す政治難民の少年をめぐる実話を映画化。バングラデシュに暮らす天才チェス少年・ファヒムは、8歳の時に政治難民として父親と共に突如パリへ移住。言葉も分からず住む場所も定まらないなか、自由な未来を勝ち取るためチェス大会に挑む。ファヒムを演じるのは、本作が演技初挑戦で、自身もバングラデシュから政治亡命者の息子として逃れてきたというアサド・アーメッド。チェスコーチ役をフランスの名優ジェラール・ドパルデューが演じる。監督は俳優としても活躍するピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

天才チェス少年として有名な8歳のファヒム(アサド・アーメッド)と父親は、母国バングラデシュを追われ、家族を残してフランス・パリへとやって来る。だが到着してすぐ、強制送還の可能性に怯えながら、亡命者として政治的保護を求める戦いが始まった。そんななか、ファヒムはチェスのトップコーチであるシルヴァン(ジェラール・ドパルデュー)と出会う。独特な指導をするかつての天才チェスプレーヤーでもあるシルヴァンと、明晰な頭脳を持ち口達者なファヒムはぶつかり合いながらも、次第に信頼関係を築いていき、チェスのトーナメントを目指すのだった。だが、移民局から政治難民としての申請を拒否されたファヒムの父親は、身の置き所が無くなり姿を消してしまう。ファヒムの強制送還が迫るなか、チェスのフランス国内大会が開催。解決策はただ一つ。ファヒムがチェスのフランス王者になることであった……。

作品データ

原題
Fahim
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
東京テアトル=STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
107分

[c]POLO-EDDY BRIERE. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    はる

    3.8
    2020/9/15

    事実は小説よりも奇なりを体現する実話を基にした作品。 難民問題に胸を痛め、他方で奇跡のような人の温かみに包まれました。 またその過程における“子どもの成長”にも胸が熱くなりました。 恵まれた環境にいて、どこか他人事のように思っていた私の目を覚まさせてくれました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    きる

    4.0
    2020/9/9

    チェス作品はいつも気になるので、劇場で鑑賞。 フランスの移民問題、ファヒムの出身のバングラティッシュの問題も描きつつ、うまい構成だった。 最初の街角の何気ないシーンが、後から鳥肌立つ展開だったのにゾッとした。そして無事で良かった。 ファヒム自身はチェスに特化してたけど、何も持たない人もいるはず。そんな人も救済されていくといい。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ケベック

    4.0
    2020/9/5

    実話ということもあり、こんな奇跡があったのだと感動しました!家で観るより、スクリーンの方が集中できるし、何よりも大きなスクリーンと大音量で没入感を味わえるのが、やっぱり映画館っていいなーって再確認できました!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    藤光

    5.0
    2020/9/3

    ファヒムと父親の環境適応能力の落差が示すのは、善良であるというだけでは搾取される側に追いやられることであり、前向きに生きていくためには語学も含めて戦い続けることが重要なのだと言うこと。チェスという芸術を追究しながら、同時に外部環境と対峙していく中で必要なスキルを修得していく、その姿勢の中に前向きに生きるオーラの輝きが宿るものなのだなあと納得した。映像的に新しさを感じる作品ではないが、しっかり作られた堂々たる佳作。とても良い。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    くんくん

    3.9
    2020/9/1

    お父さんがいい人で、息子は素直でとても良い内容です。 1位を目指すことは全員できるはずですが、実際はできません。苦境にもめげないことはとても難しく、明るい未来は優勝しなければ得られないことも現実と認識しました。 負けた時の対応・気持ちも共感しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    ろでぃ

    5.0
    2020/8/28

    自粛明けに見た作品の中では今年最高!ハラハラするけど幸せ気分になれる。私もいい人になりたいw

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/8/26

    実話の映画化だそうです。 才能が有るって素晴らしいなぁ。 生きる場所が有る。 チェスはルール解らないし、難しそうだけど、ああいう天才の子たちには目まぐるしい展開が脳内で繰り広げられているんでしょうね。 それにしても怖いのは通訳頼みだと、簡単に騙されてしまう事。人生左右されちゃう。 子どもの語学習得の速さは頼もしい。 翻訳サイトや発音練習も当てにならない。 単語もそうだけど、人名も。 特に人名はその人その物なのだから、無理にカタカナに置き換える必要な無いと思う。 カタカナでは表せない読み方が有ったりするし、本人に言っても通じなかったりするからね。 寛容に許してくれるけど、失礼な話だ。 これはめでたしめでたしだけど、悲劇も沢山起きているんだよね・・ だから、すっきり・・とはいかない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    shiron56158431

    5.0
    2020/8/24

    チェス盤に吸い込まれるような緊張感に大興奮! 難民問題のジレンマを描きつつ、ファヒムの魅力が周りの人々に“一歩踏み出す勇気”を与えてくれる映画でした。 実話を基にした映画なので、どこまでが実話でどこからがフィクションなのかはわかりませんが、映画として伝えたかったテーマは、「人は人との出会いによって自分を変える事が出来る」ということだったように思えます。 頭の回転が早く、ユーモアにとんだファヒムはすぐさまコミュニティに溶け込み、 彼の抜きん出たチェスの才能を目の当たりにした人々は、彼の熱量に圧倒され、彼から刺激を受け、彼の為に協力し、彼が更に大きな舞台で羽ばたけるよう働きかける。 それぞれ自分達が出来る、自分に合った方法で。 個人レベルの働きかけであっても、その熱量が通じ、組織や国を動かすことだってある。 いかにも民衆が人権を勝ち取ったフランスらしい闘い方。 そして、変わるのはパリの人々だけではなく、ファヒム自身も。 個性的な仲間やコーチとの関係の中で、いろんな刺激を受けて変わっていきます。 「チェスは戦闘だ」と言い切り、とことん勝ちにこだわるスタイルだったファヒム。 終盤のチェスシーンは圧巻でした。 実は、今回一番楽しみにしていたのは、ジェラール・ドパルデュー様の演技!!(≧∀≦) 久しぶりのフランス映画だし、彼が演じるってことは、きっとコーチは一癖も二癖もある人物に違いない!と期待値MAXでしたが、 やはり唸るしかない名演技でした。 見事に期待を超える気難しさww 乱暴で言葉も悪く、独裁的に教室の子供達を萎縮させているように見えますが、 徐々にチェス以外には無頓着で、人付き合いも不器用な一面がわかってきます。 そんなチェスバカの彼が、ファヒムの置かれている立場を、彼なりに理解しようとしていて… 二人が心を開くシーンが素晴らしく、チャーミングで笑える演技もさすがでした。 ファヒムを演じたアサド・アーメット君は、利発そうな顔立ちのイケメンですが、ひとたびチェスとなると鋭い眼光を放つ。 子供らしい茶目っ気のある笑顔とのギャップ萌え! 好きにならずにはいられません。 マチルド役のイザベル・ナンティも『アメリ』の頃と変わらないフェロモンがすごい!! この映画の中で、一番自分の殻を破った人物かもしれません。 ルナちゃんの柔らかな魅力も素敵。 チェスの仲間達も個性的で、どの人物もキャラが立っている! 最初に友達になるのがアジア系のレオだったり、それぞれの家族や立場を一瞬で描き出す演出力が素晴らしい。 でもそれは、映画全体を通しても言えることで、たとえちょっとした役であっても、悪役ですら愛すべきキャラクターとして描かれていて、その人物のバックボーンが感じられる。 やっぱり監督が役者でもあるからなのでしょうか? 丁寧で豊かな人物描写に引き込まれました。 最後に、ファヒムを守る為に仕事も家族も置いて一緒に渡仏した父親について。 ファヒムとは対照的に描かれますが、ある意味この映画の中で“変わりきれなかった人物”なのかもしれません。 責任ある立場でやりがいのあった仕事を失い、フランスの文化にうまく馴染めず、どんなにか自尊心が傷つけられた事でしょう。 滞在許可さえあれば就労するのは簡単ですが、滞在許可を取る為には就労が必要。 大いなる矛盾を抱えている移民問題につても、考えるキッカケとなる一本だと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    りえとみ

    4.5
    2020/8/23

    私が今生活している国がどれほど恵まれているのか…いろいろあるけれど…それを考えさせられた良い映画でした!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    せりな

    3.0
    2020/8/22

    バングラディシュの政治情勢をよく知らなかったから調べてしまった。 独立戦争時の戦争犯罪を裁く国際犯罪法廷に関して与野党が揉めてたみたいだけど、お父さんはどっちの政党に対して社会運動をしてだんだろ? 政府側の描写でわかるのかも知れないけど知識が足りなかった。 父親が社会運動をしていることで、息子の安全を確保するためにフランスに行き、そこで出会った人たちに助けられながらチェスの全国大会を目指すストーリー。 ファヒムの半生が書かれた書籍が元になっていて、本人がインタビューで勝ったっている通り細かい描写を除けば、ほとんどが実際にファヒムが体験したことが描かれている。 息子を守るために、決死の想いで国境を超えてフランスまで行った父親覚悟。言葉がわからないフランスと、母親と離れ離れになったファヒムの苦悩。窮状を訴えても簡単には申請が通らない難民申請。 家族を守るために祖国を離れざるを得なかった人たちが、経験する苦労や絶望感がそこにあった。 ファヒムの視点で描かれてはいるので、すぐに子供達と打ち解けて仲良くなったり、チェス教室の仲間たちに助けられながら成長していく姿には希望も感じられました。 ファヒムはチェスの才能があったことと、運が味方してくれたからこの結果があるわけで、ごく普通の人たちが困難な状況から抜け出すハードルの高さには悲しくなる。難民申請が通ってもその先にも大変なことは沢山あるし、軽率な難民批判がなくなるといいな。 ファヒムのインタビューは父親との関係性などもわかるし、今のファヒムの様子がわかってよかったです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    KZK

    2.0
    2020/8/20

    政治難民に苦しむ少年ファヒムが父親とフランスへ逃亡 し、そこでチェスを通して立派な大人へ、そしてフランス国民へと成長していく作品。 実話ベースのためそれなりに見応えはある。ただ個人的には決して悪い意味ではないが、よく見慣れたヒューマンムービーだったかなと言う印象。 ファヒムの出身国であるバングラデシュとフランスの言語間の違いや文化、価値観の違いをうまく描き、時にはそれを笑いとして描かれている。 またこの作品ではファヒムや父親が特別大きな差別を受けたりそれらによって苦しむ姿を強く描かれておらず比較的ポピュラーに見られる作品に感じた。 ファヒムの師となるシルヴァンは古いタイプの良き指導者という姿に見えたが、所々でチェスト人生を重ねる事のできる言葉を送ってくれる。 一人の少年のチェスによるサクセスストーリーだけを描くのではなく、難民をはじめとしたファヒムの背景にある世界的な問題も描かれているが比較的分かりやすく描かれストーリーは展開されるため大人から子供まで楽しめる作品に思えた。 個人的には良く見る見慣れた作品に感じてしまったが、気になる方は是非見て損はないと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Gライダー

    -
    2020/8/20

    才能はあるが、生まれ育った環境や教育に恵まれなかったと言う、よくありがちな実話(はなし) 米国映画で言えば「ベストキッド」「マスク」のようなどこにでもありがちな実話で、面白みや新鮮さに欠ける。 いくら実話とは言え、世の中には、もっと過酷な境遇を乗り越えた偉人たちの実話が、五万とあるり、金を出して鑑賞する価値はない。 主人公ファヒムの師を演じるジェラート・ドパルデュの演技は見ものだが、それだけの作品。 主人公ファヒムの師が、だらしなくも見受けられた。 すぐに切れるところは子供たちの才能を見出すどころか、潰しかけない

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    Tomoboop

    4.5
    2020/8/5

    才能のある少年が、努力で人生を切り開いて行くというテーマに感動しました。勇気がもらえる作品で素晴らしい!また、彼を支える師匠のジェラール・ドパルデューが凄く良い!こういう師匠に出会える、愛情深い家族に恵まれるなど、運も才能のうちですね。。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    わせい

    5.0
    2020/8/4

    オンライン試写会で見ました。 バングラデシュのチェスの得意な少年が父の都合でフランスに難民として入国して 少年のフランスチャンピオンを目指す心を揺るがす物語です。 実話がベースなので結末は分かっているけれど、ラストは感動します。 泣けます。映画館の大画面で見たいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告