護られなかった者たちへのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

護られなかった者たちへのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2021年10月1日公開,134分

ユーザーレビュー

4.5
  • rikoriko2255

    Rie Nemoto

    5.0
    1日前

    今の社会の闇とゆーか現代の問題を目の当たりにして、漠然とこの日本の闇を見たような気持ちになりました。
    生活保護とは…真剣に考えても何が一体正解が分からない。
    ただ本当に欲している人に届かない、、、
    それを分かっていても役人は手も口も出さない、、、
    こちらから聞かなければ必要な事は教えない。

    日本という国は弱い人に冷たい牙をむく。
    どうしようもない現代の闇を見せられてココロが辛い気持ちになりました。

    でも見応えのある映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ケントケイ

    4.8
    4日前

    小説とは違うラストに感動しました。
    被災地の再現は見事でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    よこ

    5.0
    8日前

    何も出来ずに、守れなかったことの後悔や負い目に苦しむ。互いに支え合えることの温かさ、優しさは美しいものだと気づく。現実の無情さに耐えることが、いかに難しいかを知る。
    この作品の登場人物は震災に遭い、みんながそういう経験をしていました。
    震災に限らず、誰にでもそういう気持ちになってしまうことがあると思います。
    悲しく、苦しんだ記憶が薄らいでいることは良いことだと思います。でも、必死に支えあったこと、今も尚悲しみに苛まれている人たちがいることは忘れたくないと、強く思います。
    雌鳥が雛を覆うような暖かさを大切にしたいです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Ma-tan

    5.0
    9日前

    東日本大震災被災者の苦痛を軸に福祉に関しても描いたヒューマンミステリーですが、とても心に沁みました。察しは着いてしまったものの結末、健君の後半の台詞、阿部さんのラストの台詞には心が激しく揺れ涙しました。(T^T)

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.5
    14日前

    東日本大震災で大きな被害を出した宮城県を舞台に、生活再建に向けた被災者の苦悩と自力で再建できず国や行政からも切り捨てられる人々の姿を赤裸々に描いた衝撃の問題作。「国民は文化的で最低限度の生活」が憲法で保障されているにもかかわらず 生活保護すら受けられない人々。住民の命を守るべき福祉事務所のケースワーカーが住民を餓死に追いやる現実。親族照会をためらう保護申請者に申請を取り下げるよう圧力をかける行政の実態は、助けを求めて来る子供を児童相談所が保護せず亡くなった子供達やコロナに感染し入院も出来ず自宅に放置された人々とも重なって見える。国や行政は国民のために仕事する気があるのかと疑いたくもなる。「欧米の生活保護率が5%程度であるのに対し、日本は1%と少なく、国連からも是正勧告を受けている」という。清原果耶さんの「生活保護が最後のセーフティーネットとして機能していない」という訴えがいつまでも心に残る。

    違反報告
  • rikoriko2255

    のんこ

    4.5
    16日前

    未曾有の災害に確かにあったであろうと思えるストーリーに心が揺さぶられました。福祉(役所)の現場も、職員自身が震災者であり、ほぼ全県民が何らかの支援を必要としている現状。また自分の大切な人が亡くなったり、目の前で人が流されて行く時、自分の無力さに自分自身が押し潰されそうになったり、その現実にいつまでも苛まれたり…。ラストでは涙が止まりませんでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    アカデミポコ

    4.5
    17日前

    何もかもを飲み込んでしまった津波。
    各々の事情を抱え、生き残って出逢った3人。

    極限の状態で強く結びついた疑似家族のような強い絆が生み出す哀しい結末。

    悪人にみえる人達の善人な一面。
    何が善で何が悪なのか?
    正義とは?

    深く考えさせられた映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Taisei

    5.0
    17日前

    「日本国憲法第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」
    この条文が心に沁みます。
    主人公たちは、間違いなく、この努力をしていました。私は、できているだろうか、自問させられました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    としや

    5.0
    18日前

    東日本大震災の震災直後の大変状況が描かれていてよかったです。生活の大変さも感じました。ラストはちょっと驚きます。感動しました。いい映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    dwpcs477

    4.8
    19日前

    朝ドラのモネファンは是非見るべきと思いました。予告からは想像できない内容です。時間も内容も演者も全てに満足の作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ゆぺ

    4.5
    19日前

    社会派ミステリーでした。
    殺人事件を追いながら、生活保護制度について考えさせられる。
    私は生活保護というと不正受給を考えてしまうので、
    声をあげない、あげられない本当に必要な人のことに思いを巡らせられました。
    佐藤健さんの危うさをはらんだ演技も、
    阿部寛さんの心に傷をおった刑事の演技もすばらしく
    見応えがあるとはこのことでした。
    気軽に観に行ってしまい、見応えに返り討ちにあいました。
    気軽には見られませんが、オススメです

    違反報告
  • rikoriko2255

    えみっち

    5.0
    19日前

    純粋に先ずは泣けました。生活保護を必要とする事を恥だと思うのは、誰しもが感じるのに。けいさんを見ていたら、自分の家族と重なって、葛藤が込み上げました。悲しくなりました。けど、困ってる人の生活に、やっぱり他人は助けられないもどかしさ。見ていて、最後まで、泣きました。背に腹は変えられない、お金問題。リアルに今現代の問題提起ですね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    みーこ

    5.0
    19日前

    まさに、魂が咽び泣く、現代社会に一石を投じるほど意義深い、濃い映画だった。
    それぞれがキズを抱えてはいるのだろうが、弱い立場の人間に対する非情な理不尽さに、悲しさと悔しさで見終わった後も映画の余韻が残っている。
    それぞれに正義はあるのだろうが、何故? どうして?...という思いと、そんな黒く濁った渦の中で自分達もあがきながら、生きているのか...という空虚感が胸を離れない。
    また、ドキュメンタリーを観ているかような錯覚を覚えるほど、細やかな情景描写と、キャストの皆様の演技の奥深さが素晴らしかった。
    何気ない日常、何気ない幸せ、今 生きている事、生かされている事、それらはたくさんの奇跡の塊なのだと、改めて考えさせられた。
    当たり前の日々に感謝を忘れず、小さな幸せを一つ一つ紡いで生き抜いて行きたいと強く感じた!

    この素晴らしい作品を届けて下さり、ありがとうごさいました!!

    違反報告
  • rikoriko2255

    えり

    4.5
    20日前

    今年1の満足度、とにかく余韻がすごい
    ところどころ繋ぎ目がない部分があるけど、総合的に素晴らしい
    阿部寛や佐藤健をはじめ、出演者の演技力もさることながら、震災に関して改めて考えさせられ、今の現状と重なるセリフもあり、刺さりまくりだった

    違反報告
  • rikoriko2255

    まさお

    5.0
    21日前

    佐藤健の演技が素晴らしい。今の日本の生活保護制度を象徴してます。インテークワーカーや査察指導員が殺され、福祉事務所長 め狙われる。今、この仕事をしている者として、変死に出合うことも多く、他人事でなく、気が引き締まれ、悲しくなりました。

    違反報告
1/2

関連記事