シリアにて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シリアにて

2020年8月22日公開,86分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

内戦が続くシリアの首都ダマスカスを舞台に、ある家族の緊迫の24時間を描いた密室劇。一歩外に出れば、直ちにスナイパーに狙われる状況の中、戦地に赴いた夫の留守を預かるオームは、幼子を抱える隣人夫妻と共に、自宅に身を潜めて暮らしていたが……。出演は「ガザの美容室」のヒアム・アッバス、「判決、ふたつの希望」のディアマンド・アブ・アブード。

予告編・関連動画

シリアにて

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シリアの首都ダマスカス。未だ内戦の終息は見えず、アサド政権と反体制派、ISの対立が続く中、ロシアの軍事介入により、アサド政権が力を回復しつつあった。そんな中、戦地へ赴いた夫の留守を預かる女主人オーム(ヒアム・アッバス)は、家族と共にアパートの一室にこもり、何とか生活を続けていた。さらにそこには、幼子を抱えた隣人のハリマ夫婦も身を寄せていた。そしてある日、レバノンの首都ベイルートへの脱出ルートを見つけたハリマの夫が、今夜こそ逃げようとハリマ(ディアマンド・アブ・アブード)に計画を相談する。だが、脱出の手続きをするためにアパートの外へ出たハリマの夫は、直ちにスナイパーに狙撃され、駐車場の端で倒れてしまう。一部始終を目撃したメイドのデルハンは慌ててオームに知らせるが、外に出るのはあまりにも危険で、助けに行くことはできない。ハリマに夫が撃たれたことを伝えようとするデルハン。だが、狙撃を恐れたオームは、デルハンを押しとどめる。ハリマにはまだ生まれたばかりの赤ん坊がいるのだ。彼女を守るため、オームは苦渋の選択を下すが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
ベルギー=フランス=レバノン
配給
ブロードウェイ
上映時間
86分

[c]Altitude100 - Liaison Cinematographique - Minds Meet - Ne a Beyrouth Films [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    regency

    3.0
    2020/7/1

    戦乱渦巻くシリアが舞台の映画だと、今年は『娘は戦場で生まれた』というドキュメンタリーの傑作が公開されたが、こちらは銃器や戦車を出すことなく、とある一家とその隣人が隠れる密室状態のアパートが舞台というサスペンスドラマに仕上がっている。 戻らぬ夫の代わりに家長となった女性オームの願いは、単純に家族全員が無事であること。それゆえ時には非情にもなる。 特に中盤で起こるある展開には、観る者誰もがどうすればいいのか自問自答すること必至。そこで取った彼女の選択は責められるのか。 いや、砲弾も爆弾も飛び交う日常で暮らしていない我々に責める権利はない。 あと一つ言えるのは、女性は勘が鋭い。 前述の『娘は戦場で生まれた』や『プライベート・ウォー』などとも併せて観ることを推奨。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告