DANCING MARY ダンシング・マリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU
DANCING MARY ダンシング・マリー

DANCING MARY ダンシング・マリー

2021年11月5日公開,110分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

市役所職員と霊能力を持つ女子高生が繰り広げるヒューマン・コメディ。『うさぎドロップ』『砕け散るところを見せてあげる』などを手がけたSABUが監督を務め、13ヶ国の映画祭で受賞、正式出品された。『フード・ラック!食運』などのEXILE NAOTOが長編映画単独初主演、『シグナル100』などの山田愛奈がヒロインを務めるほか、坂東希、吉村界人、石橋凌らが共演する。

フォトギャラリー

DANCING MARY ダンシング・マリー 画像1
DANCING MARY ダンシング・マリー 画像2
DANCING MARY ダンシング・マリー 画像3
DANCING MARY ダンシング・マリー 画像4
DANCING MARY ダンシング・マリー 画像5
DANCING MARY ダンシング・マリー 画像6

予告編・関連動画

DANCING MARY ダンシング・マリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

解体が予定されているダンスホールに棲みついたマリーというダンサーの霊から、恋人であるジョニーを捜すことを頼まれた市役所職員の研二と、霊能力を持つ女子高生の雪子。2人はマリーとジョニーの恋を成就させるために、時空を超え、現世と異界を行き来する。研二は奮闘を重ねるなかで、なんの取り柄もないひとりの人間が生きる価値とその意味を知ることとなる。

作品データ

配給
キグー
上映時間
110分

[c]2021映画「DANCING MARY」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?