浅草花やしき探偵物語 神の子は傷ついて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

浅草花やしき探偵物語 神の子は傷ついて

2020年7月10日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

玉城裕規や伊万里有ら2.5次元舞台を中心に活動する俳優が出演、下町・浅草を舞台にした探偵劇。ハルと弟分のリュウは手柄をあげたことをきっかけに本格的に探偵業に乗り出すが、謎の男・白石やエリート刑事の青田が関与する大きなトラブルが降りかかり……。「先生から」の堀内博志監督が、アクションや人情などを交えながら、雑多な浅草で生きる若者たちを描く。芸人のピクニックやタレントの西村知美らが脇を固める。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日本最古の遊園地・浅草花やしき。メンテナンス整備員のハル(玉城裕規)と弟分のリュウ(伊万里有)は、裏では探偵の顔を持っていた。しかしハルの実弟カンジ(木津つばさ)が持ってくる仕事は、主婦同士のケンカの仲裁や占い師同士の場所取りの揉め事の解決などショボいものばかり。探偵とはいっても便利屋みたいな仕事ばかりの二人を、口の悪い浅草の人たちはクズとバカと呼んでいた。婦警の大黒(黒田絢子)から舞い込んだ婚活詐欺事件で手柄をあげたハルとリュウは、それをきっかけにイーストエンド探偵事務所を立ち上げ、カンジや事務所に転がりこんできた中国人のシンディ(鄭家純)と共に、本格的に探偵稼業に挑む。そんな彼らに大きなトラブルが降りかかり、その背後には謎の男・白石(佐藤永典)とエリート刑事の青田(谷佳樹)の存在があった……。

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
上映時間
100分

[c]有限会社エスエルエフ/PERFECT WORLD [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?