8時15分 ヒロシマ 父から娘へ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

8時15分 ヒロシマ 父から娘へ

2021年7月31日公開,51分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

美甘章子が広島で被爆した父の体験をまとめた書籍を、自らエグゼクティブ・プロデューサーを務め映画化。1945年8月6日、建物疎開の準備をしていた進示は激しい閃光に襲われる。進示は父の言葉に励まされながら、焼けただれた身体を引きずり救助の手を探す。監督は、「虹の下に」という日本語作品で長編デビュー、HBOやFacebook、ディズニーなどに作品を提供するJ.R. ヘッフェルフィンガー。出演は「京都太秦物語」の田中壮太郎ほか。ナッシュビル映画祭2020にて観客賞を受賞。広島国際映画祭2020上映作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年8月6日。いつもと変わらぬ朝を迎えた広島。19歳の美甘進示は、父の福一と共に建物疎開の準備をしていた。自宅の屋根に上って瓦を剥がしていたところ、激しい閃光に襲われる。投下された原子爆弾は広島中を焼き尽くし、瞬く間に7万人以上の命を奪った。福一と進示はひどく焼けただれた身体を引きずりながら、救助の手を探しまわるが、どこにも見つからない。あまりの激痛から死にたいとすら願う進示を、父・福一の力強い言葉が支え、必死で前へ進んでいった。父と離れ離れになってしまいひとりきりになり、進示は父が探し当ててくれるのを待つ日々を過ごす。3ヶ月後、進示はなんとか退院できるまでに回復。父を探して自宅のあった場所に戻ると、瓦礫の中から、高熱により針の影が文字盤に焼きついた父の懐中時計を見つける。すべてが焼き尽くされた広島で、進示を家族や祖先と結びつけるものは、もうそれしかなかった。それから40年後、進示の平和への願いは形となってニューヨークにある国連本部に届く。その数年後、ニューヨークを訪れた娘の章子は驚くべき事実を知る。

作品データ

原題
8:15
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
新日本映画社
上映時間
51分

[c]815 Documentary, LLC [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?