日常対話|MOVIE WALKER PRESS
MENU

日常対話

2021年7月31日公開,88分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

台湾の女性監督が自ら家族を撮影したドキュメンタリー。葬式陣頭を営むアヌは夫の暴力から身を守るため、幼いチェンとその妹を連れて家を飛び出した。チェンは「女性が好きな女性」として奔放に振る舞うアヌへの不信感を募らせ、母娘関係は冷え切ってしまう。製作総指揮は、「黒衣の刺客」のホウ・シャオシェン。第67回ベルリン国際映画祭パノラマ部門テディ賞受賞、第19回台北映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞、第90回アカデミー賞外国映画賞台湾代表作品。

フォトギャラリー

日常対話 画像1
日常対話 画像2

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

チェンは6歳で母アヌの営む葬式陣頭の仕事を手伝い始め、10歳で小学校中退を余儀なくされた。アヌは夫の暴力から身を守るため、チェンとその妹を連れて家を逃げ出す。チェンは学校に通うことができなかった子供時代や、弔い業に対する世間の冷ややかな視線、周囲に隠すことなく「女性が好きな女性」として奔放に振る舞うアヌへの偏見、さらに娘たちよりも恋人を優先するアヌに次第に不信感を募らせ、母娘関係は他人のように冷え切っていた。やがて、自らも一児の母となったチェンは、家族の姿を映画として撮影することで、アヌの本音を聞き出し、自分の秘密を打ち明けようとする。

作品データ

原題
日常對話
製作年
2016年
製作国
台湾
配給
台湾映画同好会
上映時間
88分

[c]Hui-Chen Huang All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?