粛清裁判|MOVIE WALKER PRESS
MENU

粛清裁判

2020年11月14日公開,123分

旧ソ連出身の鬼才セルゲイ・ロズニツァが、1930年にモスクワで行われた見せしめ裁判“産業党裁判”のアーカイヴ・フィルムから、独裁政権誕生の過程に迫ったドキュメンタリー。無実の罪を着せられた被告人と、捏造した罪で彼らを裁く権力側の共演の記録。第75回ヴェネチア国際映画祭正式出品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1930年、モスクワ。8名の有識者が西側諸国と結託し、クーデターを企てた疑いで裁判にかけられた。この、いわゆる“産業党裁判”は、スターリンによる見せしめ裁判であり、90年前に撮影された法廷は、ソヴィエト最初期の発声映画「13日(『産業党』事件)」となった。だが、それはドキュメンタリーではなく架空の物語である。新たに発掘されたアーカイヴ・フィルムには、無実の罪を着せられた被告人たちと、彼らを裁く権力側の大胆不敵な共演が記録されていた。捏造された罪と真実の罰。スターリンの台頭に熱狂する群衆の映像が加わり、再構成されたアーカイヴ映画は、権力がいかに人を欺き、群衆を扇動し、独裁政権を誕生させるかを描き出す。

作品データ

製作年
2018年
製作国
オランダ=ロシア
配給
サニーフィルム
上映時間
123分

[c]ATOMS & VOID [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?