リバー・オブ・グラス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

リバー・オブ・グラス

公開未定,76分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

独立した製作体制を貫くアメリカの女性監督K・ライカートがゲリラ撮影で完成させた初長編映画。マイアミの郊外で暮らす主婦コージーは、いつか新しい人生を始めることを夢見るが……。2015年トロント映画祭でプレミア上映された2Kレストア版での上映。出演は、リサ・ボウマン、「マインズ・アイ」のラリー・フェセンデン。シアター・イメージフォーラムの特集上映『ケリー・ライカートの映画たち 漂流のアメリカ』にて上映。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南フロリダ、楽園リゾート都市マイアミのほど近く、なにもない郊外の湿地で、30歳の主婦コージー(リサ・ボウマン)は鬱々と暮らしていた。彼女は、いつか新しい人生を始めることを夢見ているが……。

作品データ

上映時間
76分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    2ヶ月前

    なんと言うか「こじんまり」感がたまらない。
    インディペンデント作品と言ってしまえば、それまでだが、主人公2人の何だか間抜けな逃避行が、狭い中で展開されていて、何だか憎めない世界観。あらためてゆっくり監督の全作品を鑑賞したい。

    違反報告