この世界に残されて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

この世界に残されて

2020年12月18日公開,88分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2020年米アカデミー賞国際長編映画賞ショートリスト選出のハンガリー映画。1948年、ハンガリー。ホロコーストを生き延びた16歳のクララと42歳の医師アルドは寄り添うことで人生を取り戻していくが、ソ連の弾圧によって再び時代に翻弄されていく。出演は、映画初主演となるアビゲール・セーケ、本作でハンガリーアカデミー賞およびハンガリー映画批評家賞最優秀男優賞を受賞したカーロイ・ハイデュク。監督は、主に短編映画を手掛けてきたバルナバーシュ・トート。製作は、「心と体と」のモーニカ・メーチとエルヌー・メシュテルハーズィ。

予告編・関連動画

この世界に残されて

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナチス・ドイツによって約56万人ものユダヤ人が殺害されたと言われるハンガリー。第二次世界大戦後の1948年、ホロコーストを生き延びたものの家族を喪った16歳のクララ(アビゲール・セーケ)は、42歳の寡黙な医師アルド(カーロイ・ハイデュク)と出会う。クララは言葉を交わすうちに彼の心に自分と同じ欠落を感じ取り、父を慕うようにアルドに懐く。同じくホロコーストの犠牲者であったアルドは、クララを保護することで人生を取り戻そうとする。しかし、ソ連がハンガリーで権力を掌握すると、世間は彼らに対してスキャンダラスな誤解を抱くようになる。また、二人の関係も、時の流れとともに移り変わっていく……。

作品データ

原題
Akik maradtak
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
ハンガリー
配給
シンカ
上映時間
88分

[c]Inforg-M&M Film 2019 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • rikoriko2255

    たるたるご

    5.0
    2ヶ月前

    人がまだ生きづらかった時代の、人を想うことの美しさを感じさせてくれる作品。 どんなに厳しい時を経ても、人はこんなにも優しく相手を思いやれるのかと心癒された。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    skuraata2018

    3.0
    2020/12/13

    生き延びたからこそ孤独 ホロコーストを生き延びた対価は家族を失った孤独。あまりにも惨いけど、 このような状況に置かれた人はきっとたくさんいたのだろうな。 孤児であることを頑なに認めない主人公の少女クララの姿が切ない。孤児であること=両親の死を認めることだからだろう。 残された方が辛い、そう思ってしまっても仕方がない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告