トゥルーノース|MOVIE WALKER PRESS
MENU

トゥルーノース

2021年6月4日公開,94分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

生存者の証言を基に、北朝鮮強制収容所の内情を抉り出す3Dアニメ。1995年。平壌で家族と幸せに暮らしていたパク一家だったが、父が逮捕され、家族は全員、強制収容所に送還されてしまう。過酷な労働を強いられるなか、長男ヨハンは次第に優しい心を失ってゆく。監督は「happy しあわせを探すあなたへ」のプロデューサーを務めた、在日コリアン4世の清水ハン栄治。第33回東京国際映画祭 ワールド・フォーカス部門正式出品作品。

予告編・関連動画

トゥルーノース

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1960年代の帰還事業で、日本から北朝鮮に移民したパク一家は、平壌で幸せに暮らしていた。だが、突然父が政治犯の疑いで逮捕され、家族は全員、悪名高き政治犯強制収容所に送還されてしまう。過酷な労働を強いられ、厳しい生存競争のなか、長男のヨハンは次第に純粋で優しい心を失い、他人を欺く一方、母・ユリと妹・ミヒは人間性を失わず倫理的に生きようとしていた。そんなある日、愛する家族を失ったヨハンは絶望の淵で“生きる”意味を考え始める。やがて彼の戦いは他の収監者を巻き込み、収容所内で小さな革命の狼煙が上がる……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本=インドネシア
配給
東映ビデオ
上映時間
94分

[c]2020 sumimasen [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • rikoriko2255

    飛ばない鳥

    5.0
    12日前

    よくできています。 5.0をつけている人がいたので、私も5.0です。 自らの有り様を考えさせられる映画でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    shiron56158431

    5.0
    16日前

    ガッツリ社会派ながら、しっかりエンタメ! ドキドキハラハラにユーモアやロマンスまで。決して堅苦しくて重いだけの映画ではありません。むしろ人間の営みや自然の摂理を描くシーンに大号泣。 タブーに切り込み、映画が持つ力を再認識させてくれる骨太な作品 個人的には第3回大島渚賞を差し上げたい! 人間の尊厳や生き方を問いかける映画ですが、決してこれは過去ではなく“今”の物語。見上げる空は繋がっている。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告