羊飼いと風船|MOVIE WALKER PRESS
MENU

羊飼いと風船

2021年1月22日公開,102分

チベット映画の先駆者として世界的評価を集めるペマ・ツェテンが、広大な草原に生きる家族の日常を、雄大な映像美の中に綴った物語。祖父と3人の息子を抱え、牧畜で生計を立てながら暮らす若夫婦。子どもたちのいたずらが、彼らの間にさざ波を巻き起こす。出演は「轢き殺された羊」のソナム・ワンモ、「巡礼の約束」のジンバ。2019年の第20回東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞した。

予告編・関連動画

羊飼いと風船

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

チベットの草原地帯。タルギェ(ジンバ)とドルカル(ソナム・ワンモ)の若夫婦は、祖父とジャムヤン以下3人の息子を抱える三世代の家族として、牧畜で生計を立てながら暮らしていた。昔から続く、慎ましくも穏やかな日々。しかし、受け継がれてきた伝統や価値観は近代化によって、少しずつ変わり始めていた。そんなある日、風船にまつわる子どもたちの些細ないたずらが、家族の間にさざ波を巻き起こし始める。変わりゆく時代の中、ただ願うのは家族の幸せ。羊を売ってジャムヤンの進学費用に充てようとするタルギェ。ドルカルの妹・シャンチュ(ヤンシクツォ)と元恋人タクブンジャの再会。やがて訪れる祖父の死と新たな生命の誕生。それぞれの想いは交差し、チベットの風に吹かれ浮遊していく。

作品データ

原題
気球
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
中国
配給
ビターズ・エンド
上映時間
102分

[c]2019 Factory Gate Films. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • Hiroyasu Iwata

    5
    3日前

    「羊飼いと風船」見学。ジャン・ルノワール、黒澤明、サタジット・レイの系譜を継承したと思われるペマ・ツェテン(チベット)監督の作品。チベットの羊飼い6人家族の物語だが、シナリオにおいて群を抜いている。家族のあり方、人間としてのあり方が堅実な演出描写で映像に刻み込まれ、見事なまでの完成度でシナリオが綴られる。挿入される音楽も映像とのズレがない完璧さだ。  福島県福島市「フォーラム福島」にて鑑賞

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告