香港画|MOVIE WALKER PRESS
MENU

香港画

2020年12月25日公開,28分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日本人監督による香港民主化デモの短編ドキュメンタリー。デモ参加者の若者たちの声を聞き歩きながら、時にデモ隊と警察が衝突する最中も撮影を敢行。門真国際映画祭2020ドキュメンタリー部門最優秀賞、札幌国際短編映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞。監督は、CM、PV、ドラマ映画など多ジャンルの映像を手掛け、本作が初の劇場用ドキュメンタリー映画作品となる堀井威久麿。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

香港民主化デモは、逃亡犯条例改正案をきっかけに2019年6月よりエスカレートしていった。2019年10月、堀井監督は仕事で滞在していた香港で、たまたまデモ隊と遭遇する。デモに参加している人々の若さに驚いた監督は、彼らが何を考え、何を発信しているのかを知るために記録を始める。若者たちの声を聞き歩きながら、時にデモ隊と警察が衝突する最中も撮影を敢行し、彼らと同じように催涙ガスやペッパースプレーを浴びながら、28分のドキュメンタリー映画としてまとめ上げた。

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
ノンデライコ
上映時間
28分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    MASA

    5.0
    2020/12/31

    通常の映画作品ではないので評定不可だが、全人類が観るべきなので。

    違反報告