バットマン(1966)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バットマン(1966)

1967年3月14日公開,105分
  • 上映館を探す

ボブ・ケーンの同名の漫画を、ロレンゾ・センプル・ジュニアが脚色し、TV版と同じくレスリー・H・マーティンソンが監督した。撮影はハワード・シュワルツ、音楽は「結婚専科」のネルソン・リドルが担当した。出演はTVと同じくアダム・ウェストとバート・ワードのコンビ、ミス・アメリカの新人リー・メリウェザーほか。製作は「サンセット77」「ギャラントメン」「バットマン」などのTVシリーズを放っているウィリアム・ドジア。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

人間の体内から水分をとり去ることによって、人体をチリと化する科学方式とその機械が発明された。その会社の経営者シュミッドラップは、豪華ヨットに科学兵器を乗せて、自らニューヨークに向かった。これを横取りしようとしているのが悪玉4人組――黒猫スタイルの怪美人キャット、サーカス出身で、変装が得意のジョーカー、“?”のマークで服装を統一し、無類の頭脳を持つ怪人リドラー、そして一味のボスで見かけは英国紳士だが、悪事にかけては超ベテランの怪人ペンギン――である。そして、この目的を慣行するためには、正義の味方バットマン(アダム・ウェスト)と助手のロビン(バート・ワード)を片づけねばならない。バットマンとは、実は若き億万長者ブルースのことで、ロビンは養子だが、実の兄弟のように仲のいいディックのことである。さてバットマンは、シュミッドラップの身に危険が迫っているという知らせを受けて、早速、空から彼のヨットに向かった。綱ばしごで下りようとすると、急にヨットは消えさり、突然現れたフカに襲われてしまった。ヨットは実は悪人一味が海上に映写したものであった。あやういところを助かったバットマンは翌日記者会見した。その席にはソ連の新聞記者に変装したキャットが来ていた。数日後、バットマンが自宅で、ブルースに戻り休養していると、変装したキャットが現れた。彼女の美しさはブルースの心をとらえるに十分だった。彼は油断してしまい、まんまと彼女のワナに落ちてしまった。その後、シュミッドラップをとらえた悪人一味は、科学兵器をもって国連安保理事会にのりこみ、9ヵ国の代表者を、たちまちチリにしてしまった。そこへ不死身のバットマンがかけつけ、大乱闘の末、悪人一味は逃げていった。バットマンは自ら発明した科学装置で9人の代表者を、元の人間に戻した。けれど彼らはみんな、他国語でしゃべる人間となってしまった。その時、誰かがつぶやいた。「こんなにも各国の言葉がまじるのは、人類にとって幸福なことかも知れない」と。

作品データ

原題
Batman
製作年
1966年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?