なれのはて:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
なれのはて

なれのはて

2021年12月18日公開,120分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

何らかの理由で帰国せずフィリピンのスラムで日銭を稼ぎ細々と暮らす高齢の日本人男性たちを7年追い、第3回東京ドキュメンタリー映画祭長編部門グランプリ・観客賞をW受賞したドキュメンタリー。”困窮邦人”と呼ばれる彼らの日常と周辺の人々の姿を捉える。監督は、フリーの助監督として数々の劇映画に参加する一方、『ザ・ノンフィクション シフォンケーキを売るふたり』などテレビ番組のディレクターを務めてきた粂田剛。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

なれのはて

予告編

2021/11/19(金)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フィリピンの首都マニラのスラム街、路地の奥でひっそりと住む高齢の日本人男性たち。”困窮邦人”と呼ばれる彼らは、かつて日本で警察官、暴力団員、証券会社員、トラック運転手などの仕事をし、家族がいるのにも関わらず、何らかの理由で帰国しないままそこで人生の最後となるであろう日々を送っている。周囲の人の手を借りながら僅かな日銭を稼ぎ、この地で寄る辺なく暮らす4人の老人男性に密着。半身が不自由になり、近隣の人々の助けを借りてリハビリする男。連れ添った現地妻とささやかながら仲睦まじい生活を送る男。便所掃除をして軒下に居候している男。最も稼げないジープの呼び込みでフィリピンの家族を支える男。彼らの日常や周囲のスラムの人々の姿を、カメラは捉える。

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
ブライトホース・フィルム
上映時間
120分
製作会社
有象無象プロダクション

[c]有象無象プロダクション [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.6

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?