ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

2021年3月5日公開,116分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベトナム戦争の知られざる英雄の真実に迫る実話を基にした社会派ドラマ。1999年、ペンタゴン空軍省のハフマンは、30年以上も請願されてきた、ある兵士の名誉勲章授与の調査を行うことに。退役軍人たちの証言を集めた彼は、驚くべき陰謀の存在に気づく。出演は、「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタン、「ゲティ家の身代金」のクリストファー・プラマー、「栄光のランナー 1936ベルリン」のウィリアム・ハート、「ジオストーム」のエド・ハリス、「キャプテン・マーベル」のサミュエル・L・ジャクソン、「コンテンダー」のピーター・フォンダ、「戦火の馬」のジェレミー・アーヴァイン。監督・脚本は、「白い嵐」脚本のトッド・ロビンソン。

予告編・関連動画

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1999年、ペンタゴン空軍省のハフマン(セバスチャン・スタン)は、30年以上も請願されてきた、ある兵士の名誉勲章の授与について調査することに。1966年、ベトナム戦争下。空軍落下傘救助隊のピッツェンバーガーは、敵兵の奇襲を受け孤立した陸軍中隊の救助にヘリで向かう。しかし、激戦のため降下できず、彼はその身一つで地上に飛び降りる。自らの命は顧みず、負傷兵たちを救出していくが、ついに銃弾に倒れる。ハフマンはピッツェンバーガーに救助された退役軍人たちの証言を集め、名誉勲章の授与を阻んでいた驚くべき陰謀の存在に気づく。英雄を歴史の闇に封印し続けた衝撃に真実が暴かれる……。

作品データ

原題
THE LAST FULL MEASURE
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
彩プロ
上映時間
116分

[c]2019 LFM DISTRIBUTION, LLC [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • rikoriko2255

    Hiroyasu Iwata

    4.0
    13日前

    映画「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」見学。 名優たちが揃っていい演技をしていて、かなり見応えのある作品になっていた。 ピーター・フォンダが味のある演技をしていたのが印象的。佳作。 それに引き換え「シカゴ7裁判」は、出演する俳優の技量が違いすぎて違和感が目立った。 特に傍聴席の黒人たちがど素人だったな。まとまりがない作品になった。 演出力の問題なのだろう。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告