AGANAI 地下鉄サリン事件と私|MOVIE WALKER PRESS
MENU

AGANAI 地下鉄サリン事件と私

2021年3月20日公開,114分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1995年に発生した地下鉄サリン事件の被害者である本作の監督が、犯行を引き起こしたオウム真理教に自ら迫るドキュメンタリー。通勤途中で被害にあったさかはらあつしは、事件から20年の時を経てAleph(オウム真理教の後続団体)の広報部長・荒木浩と対峙する。米アカデミー賞の前哨戦といわれるIDA(国際ドキュメンタリー協会)長編ドキュメンタリー賞ショートリスト選出作品。

予告編・関連動画

AGANAI 地下鉄サリン事件と私

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1995年3月20日、オウム真理教が引き起こし日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。通勤途中で被害にあった本作の監督さかはらあつしは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と神経への後遺症を抱えながら、考え抜いた末に“地下鉄サリン事件とオウム真理教”に向き合うことを決意。事件から20年の時を経て、オウム真理教の後続団体であるAlephの広報部長・荒木浩と対峙する。2人は、ともに所縁の地を巡る旅に出て、ゆく先々で対話を繰り返す。凄惨な事件後もなお信者であり続ける心のありようとは何か。人を救うのではなく苦しめる宗教とは。監督は友人を諭すように、荒木に接しその心の内に迫ろうとする。事件により人生を狂わされ、未だに精神的・肉体的な苦しみを抱える被害者。その“被害者”が“加害者”にキャメラを向ける……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
Good People
上映時間
114分

[c]2020 Good People Inc. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?