エッシャー通りの赤いポスト|MOVIE WALKER PRESS
MENU
エッシャー通りの赤いポスト

エッシャー通りの赤いポスト

2021年12月25日公開,146分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」の園子温がワークショップで選出した役者たちで撮影した群像劇。映画監督・小林は新作映画「仮面」の出演者を募集する。俳優志望の夫を亡くした未亡人や殺気立った訳ありの女など、様々な経歴の持ち主が応募してくる。第49回モントリオール・シネヌーヴォー映画祭観客賞受賞。

フォトギャラリー

エッシャー通りの赤いポスト 画像1
エッシャー通りの赤いポスト 画像2
エッシャー通りの赤いポスト 画像3
エッシャー通りの赤いポスト 画像4
エッシャー通りの赤いポスト 画像5

予告編・関連動画

エッシャー通りの赤いポスト

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

鬼才のカリスマ映画監督・小林正(山岡竜弘)は新作映画「仮面」のために、演技経験の有無を問わず出演者を募集する。オーディション会場に現れたのは、浴衣姿の劇団員、小林監督の親衛隊である“小林監督心中クラブ”、俳優志望の夫を亡くした若き未亡人・切子(黒河内りく)、殺気立った訳ありの女・安子(藤丸千)、プロデューサーにまとわりつく有名女優など様々な経歴の持ち主たち。それぞれの事情を抱えた参加者たちは、小林監督の前で語り、演じていく。一方、助監督のジョー(小西貴大)たちに心配されながら、小林は脚本作りに難航していた。そんな小林の前に、元恋人の方子(モーガン茉愛羅)が現れ、脚本の続きを書いてくれるという。1年前のある出来事を忘れることができない小林は、方子に励まされながら映画に打ち込み、刺激的な新人俳優たちを見つけ出すことで希望を見出す。しかし、エグゼクティブプロデューサー(渡辺哲)からの無理な要望を飲まなければならなくなり、自暴自棄に陥った小林は、姿が見えなくなった方子の行方を探すが……。

作品データ

製作国
日本
配給
ガイエ
上映時間
146分

[c]2021「エッシャー通りの赤いポスト」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • Tomoboop
    Tomoboop
    3.8
    1ヶ月前

    ワークショップに集まった役者さん達を起用とのことですが、皆さん、レベル高!
    こんなに大勢の出演者の個性を引き出せるなんて、凄い作品。沢山の短編映画を集めた結果、長編になったという様な感じでした。どの人のエピソードにもちょっとずつ共感出来て、とても良かったです!

    違反報告