寛解の連続|MOVIE WALKER PRESS
MENU

寛解の連続

2021年4月23日公開,112分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

躁うつ病から復帰したラッパー、小林勝行を追ったドキュメンタリー。2011年、1stアルバムを発表し、熱狂的支持を集めた小林。しかしその矢先、持病の躁うつ病の症状が悪化し、活動を休止する。退院後、ラッパーとして復活するまでの一部始終を捉えた。監督は、今作が長編初監督作となる光永惇。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2011年、兵庫県神戸市出身のラッパー、小林勝行は、日本の地方都市に生きるアウトローの半生を生々しく描いた1stアルバム『神戸薔薇尻』を発表する。一部批評家やリスナーから熱狂的な支持を集めるが、その後の活躍を期待されていた矢先、彼は活動を休止する。自身の抱えていた躁うつ病の症状が悪化したのだ。医師から一生完治することはないと診断された彼は、隔離病棟での生活を経て、日常に復帰する。本作は、退院後の小林がラッパーとして復活するまでの一部始終を親密な目線で追っていく。隔離病棟での記憶や介護の仕事、幼いころから信仰する宗教のこと、そして、自室にこもり真剣に自らと向き合いリリックを書く姿や、楽曲としてレコーディングする姿まで、感情を露わにさらけ出すその表情や生身の言葉は、活き活きとした生の肯定感に溢れている。病気の症状や兆候が一時的に軽快した状態や、見かけ上、消滅して正常な機能に戻った状態を指す“寛解”。「寛解の連続」と名付けられたこの映画は、それでも生き続ける小林の生の記録そのものだ。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
ブライトホース・フィルム
上映時間
112分

[c]2019sardineheadpictures [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?