劇場版『Gのレコンギスタ Ⅳ』「激闘に叫ぶ愛」:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
劇場版『Gのレコンギスタ Ⅳ』「激闘に叫ぶ愛」
劇場版『Gのレコンギスタ Ⅳ』「激闘に叫ぶ愛」

劇場版『Gのレコンギスタ Ⅳ』「激闘に叫ぶ愛」

2022年7月22日公開
  • ムビチケ前売り券
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2019年に全5部作として始動した、富野由悠季によるテレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」に新規カットを加え再編集した劇場版第4作。テレビシリーズ同様、富野由悠季が総監督、脚本、原作を務める。また、主人公のベルリ・ゼナムを「ハイキュー!!」の石井マーク、ベルリと共に冒険を続ける少女アイーダを「Go!プリンセスプリキュア」の嶋村侑が引き続き担当する。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

地球で製造することのできないエネルギー源“フォトン・バッテリー”が、地球の貴重な動力源となっている。しかし、このエネルギー源は、金星宙域のビーナス・グロゥブにあるヘルメス財団によって生産と供給が独占されていた。供給源を目指すベルリ、アイーダたちは、ついに目的地域に到達。地球への帰還=レコンギスタ作戦をもくろむジット団との戦いを経て、アイーダはヘルメス財団の総裁との会談の機会を得る。

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
バンダイナムコアーツ=サンライズ
製作会社
バンダイナムコフィルムワークス(企画・制作:サンライズ)

[c]創通・サンライズ [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

「ガンダム リギルド・センチュリー(Gのレコンギスタ)」の映画