太陽の蓋(再編集版)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太陽の蓋(再編集版)

2021年2月27日公開,90分

東日本大震災による福島原発事故発生からの5日間を、事故の真相を追う新聞記者の目線で再現したドラマ。2016年公開の本作を90分に再編集した。全電源喪失の事態に陥った福島第一原発。冷却装置を失った原子炉の温度は上昇し、最悪の事態が迫っていた。出演は、「ヤクザと家族 The Family」の北村有起哉、「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」の袴田吉彦、「愛唄 約束のナクヒト」の中村ゆり。監督は、「半グレvsやくざ」シリーズの佐藤太。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生し、福島第一原発では全電源喪失の事態に陥る。冷却装置を失った原子炉の温度が上がり続け、チェルノブイリに匹敵する最悪の事態が迫っていた。巨大な怪物と化した原発に対して、想定外の状況を前に科学者たちは判断を誤る。情報不足のまま官邸は混乱し、市民たちは故郷を離れ、避難を急ぐ。打つ手のないまま時は刻々と過ぎ、地震発生の翌日、3月12日午後3時36分、無情にも1号機の原子炉建屋が水素爆発した。続けて3号機、2号機と連鎖するように異変が起こる。破滅に向けてのカウントダウンは進み続ける……。

作品データ

製作国
日本
配給
Palabra
上映時間
90分

[c]「太陽の蓋」プロジェクト/ Tachibana Tamiyoshi [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?