デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング

2021年6月5日公開,83分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

同性愛を公表するアジアンポップ界のスター歌手デニス・ホーの音楽の軌跡と、香港ポップスのアイコンだった彼女が2014年の雨傘運動を契機に声を上げるアーティストに、そして2019年の香港民主化運動を経て民主活動家へと進化する姿を追ったドキュメンタリー。1977年香港生まれのデニスは、11歳の時に家族でカナダに移住するが、香港の大物歌手であり大女優のアニタ・ムイに憧れて香港に戻り、レコードデビューを果たす。師匠であるアニタ自身も子供の福祉に力を注いだが、デニス自身も自らの同性愛を公表するなど積極的に社会運動に力を注いできた。デニスいわく、それは10代の日々を過ごしたモントリオールの地で吸収した民主主義の原則と価値観への強い信念によるという。キャリアや資産を危険にさらし、逮捕され、スポンサーを失い、友人と思っていた人々が離れていく。そんな苦境を恐れ、言動を控える人々が多いなか、何百万人にのぼる香港市民の思いを伝えようと声を上げ、自由と民主主義のために戦うデニス・ホーの強さは、彼女自身のゆるぎない信念が支えている。監督・脚本・プロデュースはアムブリカ・プロダクションズの創設者で、30年間に渡りドキュメンタリー映画制作に従事しているスー・ウィリアムズ。2019 年、民主化を求める抗議デモは激化し、デニスは再び他のデモ参加者と共に通りに出る。冷静さを保ちながら正義を要求し、国連やアメリカ議会で訴え、もちろん音楽を作ることも忘れない。デニスの人生が、そのまま香港の歴史に重なる。

予告編・関連動画

デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2014 年に香港で起きた「雨傘運動」。警官隊の催涙弾に対抗して雨傘を持った若者たちが街を占拠したこの運動に、一人のスーパースターの姿があった。彼女の名前はデニス・ホー。同性愛を公表する香港のスター歌手である彼女は、この雨傘運動でキャリアの岐路に立たされていた。彼女は、中心街を占拠した学生たちを支持したことで逮捕され、中国のブラックリストに入ってしまう。次第にスポンサーが離れていき、公演を開催することが出来なくなった彼女は、自らのキャリアを再構築しようと、第二の故郷モントリオールへと向かう。そして、2019 年 6 月。香港で逃亡犯条例改正に反対するデモが起き、彼女は再び岐路に立たされた。数百万のデモ参加者が街頭に繰り出した時、彼女は催涙ガスと放水砲が飛び交う通りに立ち続け、デモ参加者を守ろうとする。そして、国連やアメリカ議会で香港の危機的状況について訴え、自由と民主主義を守ろうとする人々の姿を世界に発信していくのだった。自由を求める香港の人々の声が、デニス・ホーという存在に重なり、その願いが一つの歌となって響き渡る。

作品データ

原題
DENISE HO: BECOMING THE SONG
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
太秦
上映時間
83分

[c]Aquarian Works, LLC [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?