バス停留所|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バス停留所

1956年11月22日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ピクニック」のウィリアム・インジ原作による同名のブロードウェイ・ヒット・コメディの映画化である。脚色は「七年目の浮気」のジョージ・アクセルロッド。「ピクニック」に続きジョシュア・ローガンが監督した撮影は「七年目の浮気」のミルトン・クラスナー、音楽は「王様と私」のアルフレッド・ニューマンと、「純金のキャデラック」のシリル・J・モックリッジの共同担当。主演は「七年目の浮気」のマリリン・モンロー、舞台俳優で本編により映画でビューのドン・マレイ「純金のキャデラック」のアーサー・オコンネル。他に「ピクニック」ノベティ・フィールド、舞台に出演したアイリーン・ヘッカート、「お若いデス」のハンス・コンリードなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ボウ(ドン・マレイ)はモンタナ州の片田舎に育った21歳のカウボーイ。アリゾナのフィニクスで行なわれるロデオ選手県体会に先輩ヴァージル(アーサー・オコンネル)に連れられていくことになる。ボウは初めての旅に張り切るがヴァージルに、もう大人なんだから女を作れといわれてクサる。ボウはいやいやながら承知するが、女を探すなら“天使”を探す、カウボーイたちが探すような変な女には眼もくれないと豪語する。2人はフィニクスの安ホテルに泊まる。ボウが入浴している間にヴァージルは“ブルウ・ドラゴン”というカフェに遊びにいく。そこの女給チェリイ(マリリン・モンロー)は自分では歌手の積りだが、客に酒を買わせる女給として雇われているのが頗る不満。その日も、この問題で支配人と口喧嘩をしたが、それでも人のよさそうなヴァージルをカモにする。チェリイが客の前で歌っているとボウが現われる。彼は一目でチェリイに惚れ、これこそ理想の天使と思い込む。彼女を外に連れだしてキスしても拒まない。ボウは婚約ができたと独り決めしてヴァージルにチェリイとの結婚を打ち明ける。ヴァージルが驚いて反対しても聞き入れない。翌日ボウはロデオに出場、各種目に優勝してゆく。チェリイも見にきていたがそのうち競技の間に彼女と結婚式を挙げるために牧師を雇ったことを知ってびっくり。結婚式は危うく逃れたがチェリイはヴァージルから金を貰って町へ逃げ出すことにする。彼女がバス停留所でロサンゼルス行きを待っていると、ロデオに優勝したボウが現われる。ボウは彼女をつかまえ無理やりモンタナ行きに乗せる。バスは出発したが、やがて行手が雪に埋もれ、グレース・ダイナーというカフェの前で立往生。乗客は居眠りするボウを残して皆カフェに入る。暫らくして眠りから覚めたボウはカフェに現われチェリイをバスに連れ戻そうとする。それを見兼ねた運転手カールは2人の間に入りボウに彼女に謝れという。ボウは聞入れない。するとヴァージルがボウを懲しめるため、カールと2人で散々殴りつける。ボウはやっとおとなしくなり、2度とチェリイの自由を束縛しないと謝る。雪にとざされた道路が開き、バスが出発することになる。チェリイを諦めたボウは、彼女にせめて別れのキスを許してくれという。ところが意外、彼女はボウについて行くと言い出し彼を驚喜させる。

作品データ

原題
Bus Stop
製作年
1956年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?