ココ・シャネル 時代と闘った女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ココ・シャネル 時代と闘った女

2021年7月23日公開,55分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

没後50年を迎えたココ・シャネルの生涯に迫ったドキュメンタリー。第一次世界大戦後、19世紀的な価値観を葬り、女性たちを因習から解放。女性として史上初の世界的実業家となったシャネルは、第二次世界大戦以前にモードの帝国を築き上げるが……。「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」のランベール・ウィルソンがナレーションを務める。

フォトギャラリー

ココ・シャネル 時代と闘った女 画像1
ココ・シャネル 時代と闘った女 画像2
ココ・シャネル 時代と闘った女 画像3
ココ・シャネル 時代と闘った女 画像4
ココ・シャネル 時代と闘った女 画像5

予告編・関連動画

ココ・シャネル 時代と闘った女

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ココ・シャネル没後50年となる2021年、『No.5』は誕生100年を迎える。まさに、世紀を生き抜いた最強ブランド“CHANEL”。第一次世界大戦後、“皆殺しの天使”とまで呼ばれ、19世紀的な価値観を葬ると共に、女性たちを因習から解放し、女性初の世界的実業家となったシャネル。ピカソ、ストラヴィンスキー、ディアギレフ、コクトーなどの芸術家、チャーチルやウィンザー公などの政治家や王侯貴族との交流、めくるめく幾多の恋を通じて得たインスピレーションと人脈を駆使し、第二次世界大戦前にモードの帝国を築き上げる。ところが、ナチスドイツによるパリ占領が終了した1944年、彼女は突如としてパリを脱出し、スイスへと向かう。以後10年余り、70歳で劇的な復活を遂げる1957年まで、長きに渡って沈黙を続けた。シャネル自身により、また評伝や映画などで虚実入り混じった物語が様々に語られてきたが、その多くは沈黙の謎が確証を持って暴かれる2011年以前のものだった。本作は、この実証を踏まえた上で、毀誉褒貶が激しく、多面的で孤独でありながら、それでもなお魅力的なシャネルの生涯と実像に迫ったドキュメンタリーである。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
オンリー・ハーツ
上映時間
55分

[c]Slow Production, Arte France [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?