皮膚を売った男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

皮膚を売った男

2021年11月12日公開,104分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネート、主演のヤヤ・マへイニが第77回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門男優賞を受賞した人間ドラマ。シリア難民のサムは、ある芸術家から、背中にタトゥーを入れて彼自身がアート作品になることを提案される。監督は、「Beauty and the Dogs」がカンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品され音響賞を受賞したカウテール・ベン・ハニア。芸術家ヴィム・デルポア氏のタトゥー作品『TIM』から着想を得ている。第33回東京国際映画祭TOKYOプレミア2020部門上映作品。

特集:映画から学ぶ“トリビア”で、世界を知る旅へ

その国の魅力が息づく、アカデミー賞の各国代表作になった”高評価映画”だけを特集!驚きの文化や制作秘話を解説 PR

その国の魅力が息づく、アカデミー賞の各国代表作になった”高評価映画”だけを特集!驚きの文化や制作秘話を解説

第93回アカデミー賞特集ページ

世界中が注目する映画の祭典についての情報満載

日本時間4月26日(現地時間4月25日)に実施される第93回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

フォトギャラリー

皮膚を売った男 画像1
皮膚を売った男 画像2
皮膚を売った男 画像3
皮膚を売った男 画像4
皮膚を売った男 画像5
皮膚を売った男 画像6

予告編・関連動画

皮膚を売った男

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

国に帰ることも外国に逃亡することもできないシリア難民のサムは、偶然出会った世界的アーティストから、背中にタトゥーを入れて彼自身がアート作品になることを提案される。国を越えて離れ離れになってしまった恋人に会うためにどうしても出国したいと考えていた彼は、その提案を受けることに。こうしてサムは美術館に展示され、世界を自由に行き来できるようになる。しかしやがてサムは世界中から注目され、高額で取引されるようになり……。

作品データ

原題
L'Homme Qui Avait Vendu Sa Peau
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
チュニジア=フランス=ベルギー=スウェーデン=ドイツ=カタール=サウジアラビア
配給
クロックワークス
上映時間
104分

[c]2020 – TANIT FILMS – CINETELEFILMS – TWENTY TWENTY VISION – KWASSA FILMS – LAIKA FILM & TELEVISION – METAFORA PRODUCTIONS - FILM I VAST - ISTIQLAL FILMS - A.R.T - VOO & BE TV [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    飛ばない鳥

    4.0
    22日前

    深刻な映画なのかと思いきや、娯楽作として十分おもしろい映画でした。
    再生医療が・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    サラ

    3.7
    1ヶ月前

    過去にティルダ様がMoMAで’生きた展示アート作品‘になっていたのを思い出した。
    シリア難民の苦悩が描かれた重い作品なのですが、不思議にも面白く仕上がっています。ラストの急展開には驚かされました。平和な日常をありがたく感じる作品。モニカベルッチさんはまだまだセクシーですね。
    オンライン試写会

    違反報告
  • rikoriko2255

    とし

    4.5
    1ヶ月前

    2021年11月1日
    映画 #皮膚を売った男 (2020年)鑑賞

    #Filmarks さんの試写会です

    シリア内線で国外逃亡していた男が、ヨーロッパに住む恋人と会うために、自分の背中をキャンバスとして、アーティストにタトゥーを入れさせる契約を結んだことから起こる・・・

    難民と自由と愛について考えさせられる

    違反報告
  • rikoriko2255

    Tomoboop

    3.8
    1ヶ月前

    現代美術の表現の自由さに驚き!バンクシー展を見た時「建物の壁に描いた絵を、どう評価するの?」と疑問に思いましたが、ここでは壁どころか生身の人間の身体がアートに!これは搾取か、自由意志か?本人が納得しているなら良いのでしょうが、何だか心がざわつくストーリーでした。途中までちょっと哀れでしたが、悲惨な結末でなくて良かったです。。

    違反報告
  • rikoriko2255

    たるたるご

    5.0
    1ヶ月前

    アートファン、アートコレクターにも見逃せない1本!
    決してアートについて、皮肉った作品ではなく、むしろアートピースとなった主人公だけでなく、アーティストやギャラリストに対しても敬意と愛情を持って描かれていて、とても好感が持てた。
    ただそのことを差し引いても、期待以上のストーリー展開と面白さで、あっという間にエンディングを迎えた...個人的にはまさに至福を味わいながらの鑑賞でした。

    違反報告