17歳の瞳に映る世界|MOVIE WALKER PRESS
MENU

17歳の瞳に映る世界

2021年7月16日公開,101分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

デビュー作「ブルックリンの片隅で」がサンダンス映画祭監督賞を獲得、Netflixで配信中の女性監督エリザ・ヒットマンの長篇3作目。第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した、望まない妊娠をした少女の心の旅を追った青春映画。誰もが言葉に出せないままに直面している苦しみや生きづらさ、それでも支えてくれるかけがえのない友人の存在。17歳の少女の瞳を通して世界がみずみずしく活写される。監督のエリザは語る、「この映画を詩的なオデッセイにしたかった」と。主演のシドニー・フラニガンは本作が長篇映画デビューでありながら、等身大の演技が絶賛され、第86回ニューヨーク映画批評家協会主演女優賞、第41回ボストン映画批評家協会主演女優賞など数々の俳優賞を獲得した。

予告編・関連動画

17歳の瞳に映る世界

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカのペンシルベニア州に住むオータムは、友達も少なく目立たない17歳の高校生。ある日、オータムは自身が予期せず妊娠していたことを知る。ペンシルベニアでは未成年者は両親の同意がなければ中絶手術を受けることができない。同じスーパーでアルバイトをしている従妹であり親友のスカイラーは、オータムの異変に気付く。金を工面し、ふたりで中絶に両親の同意が必要ないニューヨークに向かうが……。

作品データ

原題
Never Rarely Sometimes Always
映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
ビターズ・エンド=パルコ
上映時間
101分

[c] 2020 FRIENDS IN TROUBLE LLC / FOCUS FEATURES LLC [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Hiroyasu Iwata

    4.5
    25日前

    原題 ‘Never Rarely Sometimes Always’
    アメリカ映画「17歳の瞳に映る世界」を見学。
    主演二人の少女が素晴らしい演技をしている。けっして自然に演じて演じられる内容ではない作品だ。
    自分たちに何が起こっているのか理解しつつも困惑している表情が素晴らしい。
    青春映画の秀作だ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    michelle

    5.0
    1ヶ月前

    中絶をめぐる田舎と都会の差

    違反報告
  • rikoriko2255

    たるたるご

    5.0
    1ヶ月前

    過度な演出は一切無く、BGMも極力無い。
    街のノイズと生活音、そして最低限の台詞しかなく、少女2人が見せる表情が全てといってもいい。
    エンドロールが流れるまでの約100分間、最後まで惹きつけられた。

    違反報告